八丈島一周サイクリング

八丈島に上陸!港からも八丈富士が丸見え

時間があったら登りたいけど車で途中まで行けちゃうと思うと・・・多分行かないな〜w

 

港から徒歩で自転車を借りる「赤松自動車工場」さんへ向かいます。こちらは来る前にTELしてみたところ予約不要との事でした。雨だったら別のところで軽自動車を借りようかとも思っていたので予約は無しで直接向かいます。なんでも台数は十分にあるので予約は不要との頼もしいお答えでした!町並みは低い建物が多く空が広く感じます。幹線道路にはパームツリーが植えられていて南国の雰囲気!

 

地図で見たら大したことないな〜と思っていましたが結構歩いて「赤松自動車工場」さんに到着!実は歩いてる途中で「赤松自動車工場」さんの車に追い抜かれたのでもしかしたら送迎があるのかもしれません。

到着後受付です。こちらは原付もあったのですが免許を忘れたしもともと「チャリ」が乗りたかったので・・・。ですが電動アシスト付きにしました。お店?の方の話だと一周道路はアップダウンが結構あって大変だよ〜と。。。8時間で500円高くなりますが予備のバッテリーを無料で付けてくれると言う事なので決断www バッテリー1個だと1周持たないそうです。ザックはデポさせてもらい貴重品とカメラとお菓子・飲料を持ってスタート!そういや夕べはご飯食べてないな〜w

 

まずは港へ引き返し「神湊港突堤灯台」を狙いますがまだ「橘丸」のコンテナの積み下ろしをしていてフォークが行き来きしており危なそうだったので後回しにしました。100%怒られそうです笑

 

・・・ということで「八丈島一周道路」を時計回りで進みます。まずは「八丈島灯台」へ

 

一周道路を「末吉」方面へ

 

上の写真を左折すると一気に民家がなくなり山道っぽいワインディングに・・・ここをアシスト付きのママチャリで疾走!

 

「ボー」と音がしたので海が見えるところで沖を眺めると乗ってきた「橘丸」が東京(竹芝桟橋)に向かって出航していました。明日はアレに乗るのか・・・w

 

一周道路には分かりやすい地図が設置されています。やや小さい看板ですが数は多くあり現在地が把握しやすかった。これってチャリ用なのかも。

 

この辺りは「登竜道路」とも言うようで標が建っていました。またこちら側は殆ど車も通らず「わ」がたまに通るぐらい。あまり生活道路ではないのでしょうね〜

 

しばらくすると「登竜峠展望台」に到着!数名いましたが皆さん観光客のようでした。ここからは港越しに八丈富士がばっちり見えました。港もよく見えて神湊港突堤灯台に神湊港A防波堤仮設灯台、神湊港A防波堤灯台も見えます。大体の位置は判ったので後で行くときに目安になりました。

 

「末吉」の道標

 

一周道路は「都道215号」のようですね〜奇麗に舗装された道でママチャリでも「電動アシスト付き」なら問題ありませんでした。

 

そして住吉地区に入り「一周道路」から少し離れた(途中を海側に左折)ところに『八丈島灯台』の道標がありました。ここを中に入っていくと

 

入口の門柱には「すみよしとうだい」とあり

 

もう灯台は目の前!お〜〜〜念願の八丈島灯台に到達!レンズはまだ「フレネルレンズ」でした。止まってるポジションがイマイチですがwww 2面なので回転灯器ですね〜いまでは珍しいと思います。夜光ってる姿はさぞかし美しいだろうな〜と思います。

 

敷地にはこれも懐かしのステンレス?の燈光会の看板。風化してしまい近づかないと読めません。

 

レンズアップ!「3等レンズ」のようですね〜今だに等級があるかは不明ですが・・・。車だったら夜にまた来ることもアリかもしれませんがチャリだともう嫌だな〜って感じですwww(帰って来てからやや後悔しました)回転するフレネルレンズも国内に現役は何基あるのかな〜今度、調べてみようかな〜

 

電線が邪魔ですがなかなかいい景色です。敷地は狭いですがこの写真の手前にはレダー?のような鉄塔がありその周りは広くスペースがあります。

つつく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つつく

 


伊豆諸島シリーズvol.3|八丈島へ

今年は灯台に行きはじめて10周年!数年前より温めていたw 八丈島灯台訪問へ行く事にしました。

八丈島には防波堤灯台を含め5基の灯台があり、資料は数年前に作成済み!(実際には少し変わっていた)

八丈島へは東海汽船とANAで行くことが出来る。僕の場合はやはり船で行きたいな〜と思っていたので東海汽船になるのですが、東海汽船で東京〜八丈島は片道8,040円で往復だと16,080になります。ちなみにANAだと片道23,590円で往復だと30,580円(往復割)。

以前は往きは船(株主優待券)で帰りは飛行機(早割)のパターンで夜行日帰りを考えていたのですがやはり帰りに東京湾内(浦賀水道)の航路標識が見たいと思い往復とも船で島内一泊にしました。東海汽船の株主優待券を利用すれば35%OFFになるので往復だとコスト的にはかなり有効!早速ヤフオクでwww 金券ショップでも売ってますがバラ売りは無さそうでした。
僕は2枚セットを送料込みで600円で落札しました!優待券だと往復が10,460円になるので5,620円もお得です。ちなみにこの優待券は半年単位で今回のは3月31日まで有効のものです。当然ですが有効期限が近づくと安く落札できますw ANAでも株主優待券50%OFFがありますが優待券自体が高すぎて八丈島のような近場で使うのは勿体ないです。逆ザヤになります。

・・・ということで金曜日残業して会社から直接竹芝へ。

 

21:27到着しました。やはり連休前でロビーは混んでますね〜

 

もう発券してるようなので並んで購入します

 

「株割35%」大人です 当然ですが株主ではありませんwww

往きに往復分を購入します。今回は1ヵ月位前に予約しておきました。そうしないと優待券は手に入れたが気が変わって行かない可能性も出てくるので・・・。今回は天気予報が良くてラッキーです!

 

船はスーパーエコシップ「橘丸」です。この船は平成26年6月26日から就航されるようになった最新鋭の貨客船です。

 

今回も「2等」です。橘丸には2等は和室しかないので往復とも和室です。帰りはリクライニングシートの洋室の方が嬉しいのですが・・・「H-246」は角でした。「さるびあ丸」や「かめりあ丸」にはなかった無料の個人ロッカー(コイン返却型)があり便利でした。貸し毛布は100円で往復とも借りました。

 

定刻のドラの放送と共に出航!行ってきま〜す!

 

席に荷物をデポして甲板へ。東京の夜景を見ながら進みます。夜はやや寒かった。

 

レインボーブリッジが見えてきました。

 

湾内は全く揺れませんね〜

 

潜ります。レインボーブリッジを過ぎると東京ともお別れだな〜と実感しますね〜八丈島も東京ですがwww

 

2等和室は8人部屋になっていました。この日はここに5名で隣のBOX?は空いていました。船内はやや混んでるかな〜って感じの印象です。釣り人が多かったかも。3連休なので家族連れも多かった。

0時消灯で僕も就寝zzz イビキのうるさいのも居ずに耳栓なしで熟睡できました。

 

ウトウトしてると船内の放送で「御蔵島港にまもなく接岸します」と流れたので急ぎカメラを持って甲板へ。もう外は明るくなっていてお目当ての御蔵島港ふ頭灯台を狙う!うんうん丁度よくまだ点灯中!揺れるけどバシャバシャ撮りました!(今回、三宅島は灯台の無い伊ヶ谷漁港でした)

 

今日も御蔵島は「条件付き」でした。接岸を見てたけどこの港って堤防以外は全くの無防備で慢性的に「条件付き」なのも分かる気がします。今回は無事に接岸できました。ホントは少しだけ降ろしてもらって御蔵島港ふ頭灯台の写真を撮りたかったんですが停泊時間5分ではさすがに無理。下船口で係員に頼もうと思ってましたが見てたら下船客を下したらすぐにタラップが上げられてしまいました。まぁ〜仕方ありません。

 

そうこうして10時間の船旅で八丈島の神湊(底土港)港に着岸しました!

つづく


灯台の一般公開 2017

7月17日 チキウ岬灯台(北海道)←早すぎwww

3月26日 猿山岬灯台(石川県)

3月20日 樺島灯台(長崎県)

3月5日 勝浦灯台(千葉県)

3月4日 勝浦灯台(千葉県)

2月12日 城ケ島灯台(神奈川県)

1月21日 越前岬灯台(福井県)

1月17日 神戸メリケンパークオリエンタルホテル灯台(兵庫県)


小湊港東防波堤灯台の灯火消灯について

千葉県の小湊港東防波堤灯台が

消灯された模様です

仮設灯が設置されてという事は

おそらく近いうちに廃止になるのではないでしょうか?

防波堤灯台では珍しい白黒の灯台なのですが・・・。

小湊港東防波堤灯台


紀伊日ノ御埼灯台移設

紀伊日ノ御埼灯台移設が3月中旬予定みたいです。

灯質、光達距離をみるとフレネルレンズっぽいけど

前のレンズをそのまま使ってるのかな?


灯台フォトラリー開催!

茨城会場保管部で

灯台フォトラリー開催中

灯台カードが貰えるらしいです


ADMIRALTY Sailing Directions NP42B

年が明けて2冊、本を購入

正確には年末にオーダーしていたのですが

届いたのは年明けになってしまった。まぁ〜急いではないのでイイのですが

ADMIRALTY Sailing DirectionsとList of Lights and Fog Signalsです。

ご存じだとは思いますが英国の水路図と灯台表です。

なぜ、今更?と思いでしょうけど・・・

一昨年の10月にこの本を発行しているUKHOの担当者から

”ADMIRALTY Sailing Directions のNP42B(瀬戸内海)を改版するんで写真貸してよ”って

メールが来たのです。

仕方ないな〜w 貸してあげるかーと要求された画像を喜んで提供しましたwww

しかも高解像度のデータをね(一応、印刷知識はあるつもり)

 

んで、時は流れそろそろかな?とWeb Siteをチェックしたら11th Edition(2016)が出ていました

これを購入しようと思ったら本も高いのですが送料も高い・・・笑

でも見たいですよね〜やはり
ってことでついでにList of Lights and Fog Signalsも買う事にしたんです。1冊でも2冊でも送料はあまり変わらないと思ったんで
お値段は圧倒的にSailing Directionsのほうが高額です。
まずはList of Lights and Fog Signalsから
左が前回購入の2009/10年版、右が今回の2016/17年版
判型はA4で変わらないですが少し厚くなっていました。日本の灯台は減っているので他の同地域の国の灯台が増えたのかもしれませんね〜 日本の灯台表は2年に一度ですがList of Lights and Fog Signalsは毎年です。
中を覗いてみると
Mで始まる国際標識番号に加え日本の灯台表(第一巻411)の番号も併記されました!
これはすご〜〜〜〜く便利になった!今までは緯度経度や灯質とか塔高で判断してたんだけど手間が半減ですね〜ありがとうUKHO
ちなみにVol.Mとは全世界の海を区分化した時の日本が掲載されてる本であるMです。ですのでこの本の正式つーか名称はNP85です。
これはUKHOの発行してる書籍の通し番号だと思います。
さてさて本題のADMIRALTY Sailing Directions
こちらもA4判ですがLights and Fog Signalsが並製なのに対し上製本です!
イヤ〜〜〜〜高いわけですね(汗)
厚さ(束)はほぼ同じで20mmぐらい。ページ数はList of Lights and Fog Signalsが429頁でSailing Directionsが432頁(何れも本文)
本の罫下にはシリアルナンバー?があります。
水路図(正式には何と訳すのか?)ですので
こんな感じです。これは関門海峡ですね。英語は得意ではないのですが航行の注意点(岩礁や潮流など)や進入時の緯度経度などが記されているようです。あとは灯台なのどの目標物もあります。(後々、よく読んでみますw)
ジャ〜〜〜〜ン
お目当ての当サイトの写真!
これは水ノ子島灯台佐田岬灯台です。全部で27枚提供しました。まだチェックしてませんが多分、全部使われたんじゃないでしょうか?本自体は灯台の本ではないので灯台の写真は少しでそのほとんどが私の・・・w
一つ残念だったのがクレジット
僕はメールで「Lihghthouse-japan.com」でお願いしたのですが
『Japan-Lighthouse』になっていました(T_T) けどまぁ〜イイや
と、自慢話みたいなログでしたwwwwwww
ちなみに現在、当HP及びBlogで使用してる画像は一切、転載及び複製禁止にしています。
たまにメールで個人、企業、メディアから希望があるけど全て断っています。
日本航路標識協会に無断掲載されて以来、『勝手に使うな( ゚Д゚)ゴルァ!!』ってスタンスになりました

あけましておめでとうございます!

今年は10周年!もう10年、まだ10年・・・。

可能な限り(時間的にも金銭的にもwww)

灯台へ足を向けようと思っています。

 

・観音崎灯台(はじめて灯台を目的に行った灯台)

・福井県の防波堤灯台

・八丈島

遠くには行けませんがこの辺りを目標に頑張ります!

 

今年も宜しくお願い致します。m(_ _)m


| 1/30PAGES | >>