一路、福井へ〜2010GWおまけ

福井県は昨年の11月に灯台訪問に来たのですが
天候が悪く越前岬灯台の参観も大雨で中止のため私の旅もここで終わった。
今回まだ時間もあるしここで高速乗っても大渋滞だろうと判断し更に南下する事にした。

まずは雄島灯台。
この旅では福井県の資料は持ってこなかったので、聞き覚えのある灯台を目指す。
雄島灯台は観光地で有名な東尋坊の北側にありその名のとおり島ですが橋が渡してあり徒歩で渡れ、無料駐車場もある。

駐車場には地図もあり、灯台は島の中心の高台にあるようです。

橋を渡ると道標がある

島に渡ってから徒歩5分ほどだったと思います。

次は越前岬灯台がここからだと近いのですが夕日が見たいと思い、先に干飯埼灯台に向かう。R305は前回も走りましたが両側に土産物屋や越前カニの店などがごちゃごちゃしていて道も狭く歩行者もいるので走り難い。
干飯埼灯台は国道より見えるのだが高台にある。灯台に向かう道は以前海保のHPを見ていてなんとなく覚えたいたので全く迷わず到達出来た。入り口は郵便局の脇

少し迷路のような感じですが

灯台方面に向かえば問題なかった。

点灯してました。間もなく日の入りですが海上には雲が広がってきてしまった。

そして引き返す形で越前岬灯台に向かう。

何とか日没には間に合ったが、夕焼けはサッパリ(涙)あ〜〜〜つまらん

ここは景色も良いのだが・・・また何時の日か来ましょう

これで終了です。
さてカーナビに自宅をセットすると推奨ルートは小牧JCT経由なのだが前回、中央道に入る手前が渋滞していたので、GW最終日の今日は大渋滞だろうと判断し

かなり遠回りなのだが長野自動車道を経由する往きと同じルートを通ることにした。

621kmです。ETC特割なので1000円ですがガス代が余分にかかる。

結局、全く渋滞もしていなく翌AM1時に帰宅しました。この日はipodをずっと聞いていてラジオを聴いていなかったのだが夜8時にはほとんど渋滞は解消していたみたい。後から知ったのだが小牧JCT経由の方が早く帰れていたようだ。ま〜結果的にはガソリンと時間の無駄だったが、美川灯台の点灯姿が見れたので良しとしましょう!
走行距離=1729.1km(3日間)
=====================完=====================

祝!福井県に入りました。

ソーラーカーだん吉は・・・じゃなかった(笑)

昨夜、東横インに泊まり。今朝は4時に目覚めた。
ここ最近宿泊すると寝坊する癖がついていたので今回は気合が入っている(のだろうか?)

昨日は思ったほど灯台に周れず今日は昨日の続きで一度、押廻埼灯台のある福井県の西の外れまでここ敦賀から戻らなければならない。混んでいたとは言え昨夜2時間以上かかった道なので朝一で押廻埼灯台とすると4時には出発と考えた。目覚めもよく4:30出発!

R27で昨夜走った道を西に向かう。まだガソリンはあるのだがこちらに戻るころには給油しなければならない。昨日よりGSを見かけるとレギュラーの¥を確認していたのだがここ丹後地方は総じてガソリンが高い。セルフでも128円、有人だと135円が相場のうようだ。
折角、高速料金が安くなったがガソリンは値上がり傾向。なので往きに目ぼしい安そうなスタンドを探しておこうと思った。

早朝なので快調です。前を走るトラックは制限速度+αでかなり飛ばしています。時々は信号も・・・。これ幸いと一定の距離を保ちつつ、ついていきました。
しばらくするとリッター121円のGSを発見。ナビのメモリーに登録しておく。また、しばらくすると121円のGSがありここもメモリーしておく。そうこうしているうちにナビに従い押回鼻方面に向かう県道21号に入った。道は普通の片側1車線の道で港を見ながら走り海沿いに出ると終点の音海の港に着いた。時刻はまだ5時45分です。まだ真っ暗。車は港の駐車スペースに停めました。
少し明るくなるまで今日の予定などを考える。実は今回の旅は出発前にあまり下調べをしていなく持ってきたのは国土地理院の地形図のプリントだけ。大体の順番は覚えているが事細かくは理解していない。(出発を決めたのが越前岬灯台の一般公開を知った2日前だったので)
ラジオの天気予報では午後から雨なのでお昼頃までには越前岬灯台の一般公開に行こうと決めた。ラジオを聴きながら地図をチェックしていると明るくなってきた。6:00まだ日の出までは15分ほどあるが視界もややありそうなので押廻埼灯台に向かう。

山道の入口には看板もあるので間違いは無い。その看板には灯台も・・・。

お〜〜〜立派な灯台!よし急いでいって点灯時の姿を拝見しようと勇んで、まだ暗いので念のため熊鈴をつけて山道に入った。(写真は何れも帰って来て明るくなってから撮影したものです)
山道というか歩道は舗装されていて道幅もありしっかりしています。私は往きは暗い中歩いていたのでやや不安でしたが昼なら全く問題無しの観光路です。途中には道標もあります。

歩くこと20分だいぶ明るくなりましたが灯台に到達!
灯台を見ると・・・随分イラストとは違う(涙)しかも灯器はLEDだった。

ちょっと期待はずれとなってしまったが、点灯時に間に合いホッとする。しばし撮影していると消えてしまった。私も帰路に着いた。
====================================
さて、次は高浜城山灯台を目指す。ここ押回鼻からは10km位でたいした距離ではない
R27に戻り若狭高浜駅前を港方面へ国民宿舎城山荘を目指せば問題なく城山公園に辿り着きます。
公園には駐車場があり早朝だったが人が居て駐車場にも数台停まっていた。朝だったので未確認ですが多分無料だと思う。公園には地図があった。

この地図の通りここには2基の灯台がある。まずは右の高浜城山灯台を目指し駐車場から歩いていったが間違えて更に右側の岬(地図のヨットの側)に行ってしまい数分探したが見つからずまたこの地図まで戻ってきた(汗)
今度はしっかりと地図を確認して高浜城山灯台を目指すが道を間違えて先に若狭高浜港島堤灯台に到着していた(銘板を見て気がついた)その後ようやく高浜城山灯台に到達することが出来た。
岬の範囲が狭かったのでちょっと安易に探し回ったので無駄足が多かった。

国民宿舎城山荘の駐車場側から上写真の看板の右側の車が駐車しているほうの道に進む。

未舗装の上り坂を進むと、行き止まりのようなここに着く。右看板奥が高浜城山灯台です。灯台付近は木が多く・・・(以下略)
この道を道なりに左に行くと若狭高浜港島堤灯台に向かう道があり

結構急な階段を下りていくと社がありその脇を更に降りていくと灯台の建つ岩場に着きます。
往きは結構な急な下りで、帰りは当然急な上りとなります。結構疲れました。
若狭高浜港島堤灯台の方が高浜城山灯台より周囲が開けていて圧倒的に景色は良いです。でも「堤」灯台。私の分類では防波堤灯台です。京都の三津港島堤灯台のと同じですね。
思いのほかこの2基に手間どり車に戻ると8:00になっていた。

次は鋸埼灯台。大島半島は高浜の東側に突き出た半島なので距離的にはわけない。
R27で東へ青戸大橋を渡り県道241号で半島を北上する。道は整っていて快適。
しばらく走ると巨大建物が現れてきた。どうやら原発のようだ。
ここで以前、海保敦賀保安部のHPで見た福井県には原発内に建つ灯台があるのを思い出す。ネットでも鋸埼灯台の写真を見た記憶は無い。
行っても仕方ないのでハンドルを右に赤礁埼灯台に方向転換。

赤礁埼を目指し走って行くとキャンプ場に着いた。どうやら駐車場は無料らしいので結構大き目の駐車場に車を停める。(他に1台駐車していた)地図があったので見てみる

どうやら赤礁埼灯台はこの先の島の上のようだ。公園を通らないと行けない。
しかしこの駐車場より先は有料施設です。100円で通れるゲートで仕切られている。

勿論100円を入れ通過。無人ですが営業時間があるようなので点灯時の撮影は無理???
公園内を先端に向かって歩く。道中には道標もあるので〜と言うかたいした広さではないので問題なし。

橋を渡って赤礁埼に着く。

灯台は東に向かって建っているので全くの逆光だった(涙)
何とかごまかし撮影していると下の磯から人の声が聞こえてきた。駐車場のもう一台の人たちだろう。一息ついて車に戻った。この公園は有料だけあって大変綺麗でした。
====================================
次の田烏港明神鼻灯台は赤礁埼からは少々離れている。途中コンビニでパンを買い、食べながら走行する。R27→R162なので道は判りやすい。釣姫トンネルを抜け大き目の陸橋に入ると海側に灯台が見えてきた。

港にあるので一瞬、防波堤灯台に思えたが灯台は小山の上に建っているのが見える。
次のトンネルを抜けて左折し港方面へ。港には以下の看板が

「釣姫区の海岸を守る会」???どう考えてもあやしい団体だろう。釣をするわけでは無いので無視して駐車し灯台に向かう
灯台へは港に沿い細いコンクリートの道が続いていて最後は階段。途中こんなメガネ岩がありました

しかし、この辺は釣り人が捨てた釣具の空き袋が散乱していて汚い(涙)
ここの釣人はマナーがなっていない!「清掃協力金」なんて全くナンセンスだ!
撮影を済まし車で地図を見ていたら徴収員らしきオヤジが近づいてきた。
当然無視して発進!(笑)

さて、次は常神岬灯台です。ここは今回の旅で最も苦労した灯台なので少し詳しく。
R162→県道216で常神岬の先端に向かう。この道はよく言えばワインディングなのですがヘアピンを含む峠道です。道はそれほど広くなく運転は対向車やサルに神経を使うので疲れた(汗)
海水浴場を過ぎ突き当たりに港があり更に先に常神潮風公園がある。

この公園の駐車場に車を停めました。そして灯台に向かうのですが、私はこの公園の先の磯道を岬に上がる道が無いかと探してしまった。(しかも立入禁止でした)約30分磯に添ってあるコンクリートの道を探したが見つからず車まで戻ってきた。
ここで地形図を見ると海岸に建っているのではなく山の上に建っているようだ。
ではきっと山に登る道があるに違いない。今度は公園とは逆に来た道方面に歩いて探す。
港まで来たが見つからない・・・と思ったら地図がありました。

この地図、範囲広すぎ!入口がわからん。
私はあまり灯台への道を尋ねないのだが近くに居たおばちゃん(と言うにはまだ若い?)に「灯台ってどこから行くのでしょう?」と聞くと「そこからですよ」と私のすぐ後ろを・・・。

ここが入口(写真中央)です。ん〜〜〜わからね〜よ(笑)
で、おばちゃんと言うにはまだ若い方によると「道は相当荒れていて大変ですよ〜。」と教えてくれた。
「でも1.2kmでしょ」と言うとおばちゃんと言うにはまだ若い方はニコニコしてそれ以上は・・・。
お礼を言って先に進む。すると思ったよりちゃんとした道で

左右には民宿が立ち並んでいた。天気も良いし鼻歌まじりで先に進む
200メートルほど歩くと山道の入口に着いた。

道標もあります。
ここより約1km。まぁ〜たいした距離ではない。
一気に登ってしまえ!

しかし、道がこのように斜面にはりついた感じで歩きにくい。谷側に重心が掛かる。

更に歩くと今度は石が道に広がっていて足場が悪く歩きにくい。しかも大きさがまちまちなので足の置き場によっては着地で足を捻ってしまう。ん〜〜〜歩きにくい。しかも山道は斜面に九十九折れにつくられていて、ほとんどスイッチバックのような感覚で折り返す。斜度もあり息切れする。

ようやく残り600m。やっと半分に達した。結構疲れた。

しばらくするとやや歩きやすくなり少し休憩した。
あと100m!
そしてやっと到達!

疲れた。僅か1kmと思ったが油断した。
帰宅後、灯台表で調べると灯高244mとあったので230mは上がってきたということだ。

湾を見下ろす景色はなかなか良かった。しかし結構、足にきましたこの登りは(笑)
ハイキングと言うかちょっとした登山です。しばし、休み来た道を戻った。
帰りに道を教えてくれたおばちゃんと言うにはまだ若い人が居たらお礼を言おうかと思ったが見当たらなかった。車に戻り出発をする。
ちょっと走り、海水浴場の駐車場で常神岬を見ると灯台が見えた。

大変だった訳だ。
====================================
ここで時計を見るとすでに11:30
もう越前岬灯台に向かわねばならない時間です。しかし・・・
立石岬灯台には行きたいぞ〜(by おねがいイエロー)そうなんです。
今回の旅で一般公開は別にして保存灯台である立石岬灯台は非常に楽しみにしていたのです。写真でもお解かりの通り今はまだ快晴。「天気予報外れたな」なんて思い立石岬に向かいました。

R27でバイパスを抜けちょっと混んでる敦賀市内を走り県道141号で北上、立石岬を目指す。
12:00なんか曇ってきたぞ。12:08ポツリポツリと雨が・・・。
天気予報大当たりじゃね〜〜〜〜か!
県道の終点、立石港についた時は雨が・・・。急ぎ港に駐車し周りを見渡すと看板がありました。

おお〜〜〜〜!これは有難い。矢印の方向(港の更に先)に向かうと歩道がありました。

この歩道、なんとなく熊本県の三角灯台に向かう入口に似てるな〜。この先は違いますが。
100m位歩くとまた看板があり、左の山道へ。山道と言ってもほとんどが階段でした。

この階段で上がっていくのですがしばらくすると上から足音が・・・。
私、今まで灯台に向かう途中で人と出会ったことがありません。
一瞬、熊かと・・・(笑)
身構えると人でした。しかも若い女性!おまけに美人。これにはびっくり、しかも一人。
「こんにちは」と言うと「お疲れさまです」とお返事を・・・(笑)
雨が降っていたので足早に降りていってしまいました。
こんなところに一人で来るとは灯台マニアか???「お疲れ様」と言うことはOLかもな〜
などと要らぬ事を考えながら歩いていたら。灯台に到着しました。

雨は小雨なのでそれほどは濡れません。
さすが!明治期の灯台ですね〜趣があります。灯器が近代的なのがちょっぴり残念ですが

約30分、天気は悪いですがいろいろ撮って車に向かいました。
港に着くころは本降りになってきて、いい時に引き返したと思った。

さて、ようやく越前岬灯台!
県道141号を戻り敦賀へ。R305を北上。しかし・・・雨がもの凄いことになって来ました。
一般公開は15:00までですがこれでは中止になっているかもしれない。

ワイパー全開です。

そんなこんなで越前岬水仙ランドの駐車場に着いたのが14:00
灯台に向かうと当然万国旗はありませんでした。
丁度、撤収した海保の方が車に乗り込むところで、尋ねてみると13:00に中止となったそうです。

この暴風雨ではごもっともです。ハイ
とりあえず正面からと初点記念銘板の写真だけ撮りましたが、服もカメラもびしょびしょになってしまった。しかも寒いし(涙)

この後、石川・富山を計画していたが明日、明後日は天気が悪い予報だったので潔く、今回はここで終了としました。帰りは鯖江ICに抜け高速で八王子ICまでETC1000円であとは下道でした。
今回は中途半端で終わってしまったが消化不良な感じは無く、経ヶ岬灯台の一般公開も経験できたし結構有意義な灯台訪問ツアーだった。(完)

| 1/1PAGES |