沖縄最終日

今日は大晦日。そしてこの沖縄の旅も最終日

ゆっくりと起きて朝食。昨日と変わりませんがおにぎりです。
部屋へ戻り今日の予定を考える。
灯台は昨日で一応終わってるのだが今日はお昼の飛行機で成田に帰るので自由な時間は3時間しかない
昨夜までは首里城にでも行ってみようと思ってたが生憎の雨なのでイマイチ気乗りがしない


結局、9時までダラダラとTVを見ていてホテルを出た。
する事もないし歩いてまた国際通りへ向う


昨日は入らなかったアーケイド街。まだ朝でほとんど店は開いていなかった。


何件かみやげ物屋さんが開いていたのでひやかす


シーサー


アーケードから外に出て昨日とは逆に県庁方面へ。途中の土産物屋で素焼きのシーサーを買った。
この手のものを買うのは自身めずらしいな〜と関心www


のんびり歩いていたが割りと早く県庁まで来たしまった。
まだ時間には余裕はあるがモノレールに乗って空港を目指す。


バニラエアーはLCCなので通常の搭乗口ではなく離れたところにある。


ターミナルのみやげ物屋も覗いてみる。
会社に土産をとおもったが年明けまで持ってるのが面倒になり止めた笑


那覇空港の国内線のターミナルは結構近代的で綺麗でした。ちなみに国際線のターミナルも覗きましたが国内線より小さくゴミゴミしてました。


バスに乗ってバニラエアーの搭乗口へ


倉庫を改装したようなカウンター。結構待たされました


飛行機は10分遅れとの事。


待合室に成田→東京駅のバスのポスターを発見。お!これは京成電鉄で帰るより安いな


やっとチケットが発券された。まるでレシートwww


そうして那覇を旅立ち東京へ

成田に到着して東京駅行きのバスを探すとそれらしき乗場を発見!
那覇空港のポスターの会社(京成)ではなく1,000円と100円高かったがちょうど出発のようで座れたのでそれに乗った。平和交通というバス会社だった。バスに乗ると運転手の他に助手も居たので少し安心した。

東京駅からはJRに乗って帰宅した
行こうと思っていた灯台には大体いけたのでまぁ〜満足です。
でも、やはり沖縄は夏に行きたいな〜ちょっとシーズンオフでしかも年末だったので南国の空気感はあまり感じなかった。3泊4日の工程で飛行機代+レンタカー代+ホテル代+飲食で約7万円でした。
灯台が目当てだったのでまぁイイか
=====END=====

沖縄本島南岸の灯台訪問

おはようございます!3日目の朝。
何時ものように東横インの朝食を頂きます。メニューは毎度のおにぎり。
この朝食も以前は灯台優先で食べずに早朝出立なんてしてましたが、今回はガッツリ頂きました

何故か旅に出ると朝飯が入る入るwww 普段は朝抜いてるんですがね


さてと出発!明日の那覇発12:30のVanillaAirで帰るのでレンタカーは今日返します。ですので灯台訪問は実質今日が最後となります。・・・が写真のようにどんより空。。。


天気ばかりはどうにもなりませんので予定通りに那覇港周辺の港湾灯台を狙って行きます。
まずは那覇港右舷灯台
この灯台、地図にマークがあり到達は容易そうですが実際には灯台が建つ埠頭は港湾施設内、しかも軍用で一般人は近づく事も出来ません。ゲートには英字が書いてありました。米軍か海上自衛隊かはたまた共有なのか?


仕方ないので対岸から写真だけでもと思い海岸に向って走ると大きめのホテルが数件建っていましてその間を行くと突当たりは『三重城ふるさと海岸』というちょっとした公園でした。


その公園の海岸から対岸と見ると那覇港右舷灯台が確認できました。
名前の通り港湾灯台で右舷=赤灯台でした。まぁー防波堤灯台の仲間ですね〜。ただ形はキューブ型であまり見たことのない可愛い灯台でLEDがまだ点灯中でした。


次は少し北へ戻り那覇港浦添北内防波堤灯台。この灯台は陸続きなのですがかなり車を停められる所からは歩く事になりました。途中には船が停泊している埠頭があり看板はありませんでしたが港湾設備なので多分立入禁止だったのではないでしょうか?


かなり歩いて堤防に取り付くと『遊泳禁止』の看板。これがあるって事は来るだけならよかったのかな?
近くから見える、那覇港新港第一防波堤南灯台と那覇港新港第一防波堤北灯台を遠撮でお終いとして更に北へ進みます。


宜野湾港北防波堤灯台に到着。この堤防もやや長かったがここは釣り人が多く居て普通に歩いても良さそうな堤防でした。
一応、これで初日に来た残波岬灯台と繋げる事ができたので東岸の太平洋側に出ます。

金武中城港泡瀬波除防波堤灯台、金武中城港馬天北防波堤灯台、当添港北防波堤灯台と立ち寄ってデザイン灯台でもある沿岸灯台の知名埼灯台へと向かう。

知名埼灯台は当添港北防波堤灯台からも見えていたので岬方面へと車を走らせると
沖縄独特の大きなお墓のある墓地の脇が上り坂になっていてそちらを上って行く


車で行ける所まで行くとこの看板があり『テダ御川』方面へと歩く。途中は両側からススキが茂る中掻き分けて歩いたが歩道は舗装されていたので歩きやすかった。


一度、高台に出ると灯台の姿が見え下っていくと灯台に到着。この灯台は一般公開もされるのでもう少し観光地的な場所かと思ったがそうでもなかった。灯台にはシーサーが居る。


↑このようなことらしいですw


灯台から海岸に下りると『テダ御川』に出ました。→詳しくはコチラ


朝の天気が嘘のように晴れてきたので海岸に出て散歩した。灯台も見えるがあまり写真的には面白みはなかった。


晴れると12月末でも22度ぐらいで車の中は26度にもなった。
ん〜〜〜リゾートっぽい海岸だな。安座真サンビーチ


12月だっつーのに泳げそうなビーチを歩いていると先に黄黒の灯標(のようなもの)が見えたので時間にも余裕があるので近くまで行ってみる事にした


↑これ。灯標かと思ったが帰宅後調べると灯台表には記載がなかった。観測塔か漁礁灯かな?
その後、金武中城港海野第一防波堤灯台、金武中城港安座真地区外防波堤灯台と立ち寄り本島最南端の喜屋武岬へと向う


途中までは街中の舗装路を進み住宅がなくなったあたりから工事中で未舗装の道だった


何回か迂回して


喜屋武岬へ向う。あまり観光客は見かけなかった。


喜屋武岬の駐車場には1台車が停まっていたがほぼ私と入れ違いに出て行った。
駐車場の東屋から灯台はすぐに見えた


灯台の下の海岸が美しく弧を描いている。終戦末期に悲惨な出来事があったとは思えない静かな海だった


駐車場には『平和の塔』がある。セロハンテープの台みたいなデザインだが・・・
平和とはなんだろう???地球上から戦争が無くなる事はないし
実社会の競争の世の中で生き残るのに平和ボケしてていいのだろうか?とも思う。
そもそも戦争してない国は平和なんだろうか?イロイロ考えさせられる
平和=幸福なの???とか

まぁたまには真面目に考えるのもいいのではないだろうか
今回の旅での灯台訪問の最後がこの地でよかった気がする。
車を空港近くのWINGさんに返却し空港まで送ってもらう


もう足がないのでモノレールでホテルまで帰る


まだ、時間的に早いので手前の県庁前で降りて国際通りをぶらぶらする事にした


道の左右はみやげ物屋が連なっている。どの店も大体同じものが売っているし値段も変わらない集客の競争率は高いだろうな〜
朝、ホテルで食べたきり何も食べてなかったのでお店に入り遅い昼食。アグーブタ丼セットとお決まりの生ビール。ちょっと高かったけど美味しかった。まだ明るいうちから飲む シ ア ワ セ 笑


モノレールひと駅分歩きホテルのある美栄橋に到着。ホテルはホントにすぐ脇

GPSで見るとここ
結果的ですがこのホテルにして良かったと思う。
室内は普通の東横インだがやはり便利だった。
2泊で8,240円もリーズナブル。
(連泊割引+会員割引 含む)
また沖縄(本島)に来る時はここでもイイかな〜
港からも空港からもそこそこ近いしね

東横インは特に可もなく不可もないけど
今までで外れは松山ぐらいだった。



今夜はお昼が遅かったのでオリオンのビールモドキとポテチでオシマイ
折角なんで食べに(飲みに)行けば良いのですが貧乏旅行ですので
つづく

沖縄本島最北端へ・・・でも灯台はなかったョ

2日目

朝食。ルートインも無料です。バイキング形式で東横インよりはオカズの選択肢は多い笑
ですが和食系は少なくこんな感じでした。牛乳つき


今日は少し引き返す形にはなるがまずは昨日行けなかった備瀬埼灯台に向う。昨晩スマホで干潮時(朝の)の時間を調べておいたのです。↑この看板には『満潮から干潮になるとき強い流れが発生』と書いてあります


まさに今がその時?
しかーし全く引く気配はない!昨日よりは確かに潮位は低いが・・・


ん〜〜〜まだ渡れないので周りをブラブラ時間を潰す。マングローブかな?


高台から覗いてみると全くダメっぽい。すでに干潮時間は過ぎている。こりゃ〜だめだ
この季節だと完全には干かないようです。
まぁ沖縄、しかも本島なら長生きしてればまた来ることでしょう!とういことで備瀬埼灯台は諦めた。

ここから北へと向かいます

途中、灯標らしきものがあったので車を停めて撮影。しかしこれも灯台表には出ていない。


国道58号を走り辺土名港沖防波堤灯台に到着。っても灯台の建つ防波堤は陸から離れた海の中で近くまで行く事は出来ず。。。


そして沖縄本島の北端である辺戸岬まで来ました。辺戸岬は観光地になっていて私が駐車場(無料)に車を入れるとすぐに大型の観光バスが来て多くの人が降りた。


祖国復帰闘争碑
沖縄には戦争での記憶がいたるところに残されている。
辺戸岬からは天気が良ければ鹿児島県の奄美群島が見えるそうですが今日は全くダメでした。


ところで灯台は厳密には辺戸岬にはなく、少し離れた西側にあります。当然ですが灯台は航路から見えるところにありますので何も先端にあるものとは限りません。細い農道なのか作業道なのかわかりませんが未舗装の道を走ります。レンタカーなのでお構いなし(笑)


カーナビにしたがって進むと灯台に到着。手前にはRV車が2台停まっていた。釣かな?
灯台はいたって地味なLEDの灯台でした。辺戸岬の先に大型灯台でもあれば観光地に花を添えるのでしょうが、まぁ〜これはこれで質実剛健って感じがしなくもないです。剛健って感じではないかwww
灯台の周辺は柵があり施錠がしてあったので写真は一部のアングルに限られた。


続いては太平洋側に移り瀬嵩埼灯台へ
入口に看板がなく少し迷ったが簡易舗装路が岬へ続いていたので車で行く事ができた


車横付けの図。この灯台は今回の訪問で一番気に入りました。灯器はLBタイプのようですが立派な灯台で観光地かもされていないし周りは静かで景観も良かった。


灯台からの南側の安田港方面の眺め。多分、真夏の晴れの日ならもっと沖縄っぽい景色だろうな〜と思って眺めていた。


珍しくゆっくり時間をとって引き返す。灯台までの道はこんな感じで車1台分の車幅です。

瀬嵩埼から南側は米軍の施設があるようで一般車両は海岸線を走る事は出来ず内陸側を道が逸れています。
東港南防波堤A灯台に立寄って高墓埼灯台へ向かいました。

高墓埼灯台灯台への入口も灯台の標識は無く少し分り難いですが岬方面へ入るところは限られていますので地図或いはカーナビで捕捉していけば問題ないと思います。
↑写真が入口。ここは少し広くなっていて道が未舗装路で轍もあったのでここに駐車して徒歩で向った。


途中からやや遠めに灯台の頭が見える。方向的には若干逸れているようだったのでスマホのアプリで確認しながら歩く


途中、2箇所分岐があったがこんな感じの道を歩いた。軽のレンタカーで行く気になれば走れたかも・・・。でも少しは運動しないと一日運転も楽ではないので歩くのには丁度良いぐらいの距離です

高墓埼灯台へはスマホのアプリで方向を確認しながら灯台へ向った。
でもそんなに距離はないしこんな事しなくても到達は容易いと思います。折角持って来たのだから遊んでみました。
でもGPSはあったほうが便利かもしれません。
特に地図に道が帰されていないようなところにある灯台には効果的だと思います。

※以前にも書きましたがGPSなので電波が届かなくても現在地は捕捉できます。
しかし背景(地図)はネットからダウンロードしてくるので
電波が届かない場所での利用がわかっている場合には予めスマホ側に地図データをキャッシュしておく必要があります。キャッシュデータは設定することが出来ますがこのアプリでは詳細には出来ません。
実際に使うときにキャッシュがなかった(汗)って事ないようにその都度確認あるいはキャッシュするほうが安全ですね〜
中にはとんでもないところにある灯台もありますのでw


高墓埼灯台は道中は狭かったが灯台付近は広い整地になっている。
灯台の記念額には改築が平成2年とあるが以前の灯台はもっと大型だったのだろうか?海保の施設があったのか?解りませんが広々していてよかった。しかし景観はなく灯台を写真に収め来た道を戻る。


高墓埼灯台から車へ戻る途中から長島灯台が見えた。肉眼では薄っすらと写真のような感じでしたが望遠で覗くとそれなりに見えたので撮影。長島灯台は米軍のキャンプシュワーブがある辺野古の沖合いにある島に建っていて陸続きではなく歩いてはいけない。渡船で行くにも今は行きにくいだろーね。滑走路建設の際にはどうなるのかな?


続いては伊計島灯台へ向う。伊計島は本島と橋で繋がっているので車で乗り入れが出来る。橋は無料で県道10号のようです。
島に入ると北へ向かう特に高い木もなく見晴らしはいいのだが灯台は見えないので地図を参考に向う


灯台は舗装路からは奥まったところにあり駐車したところからも姿は見えなかった。入口に小さな看板があったような気がする。灯台へ行ってみるとツーリング中のライダーが記念写真を取っていたのでしばらく待ったが一向にバイクを灯台の前からどけないので『どけろ』と言った(こんな強い口調じゃないけど)


灯台の脇には神場がある。こういうのは写真には撮らない方がいいのかも


帰りに同じく橋でつながる浜比嘉島の金武中城港浜地区防波堤灯台に立ち寄る。夕方が近くあまり人は居なかったが堤防の付け根は広い駐車場になっていて休憩するベンチもあった。灯台は小型の灯台だった。


今日最後は金武中城港平敷屋沖防波堤南灯台。しかし残念でしたが灯台は離れた堤防にあり近づけなかった。平行して建設中の堤防があったので先端まで行って撮影した。
今日はここまで宿泊先の『東横イン那覇美栄橋駅』へ向う。沖縄の那覇周辺には3つ東横インがあるのだが予約する時にHPをみたらここが最安だった。車を返しに行く都合上モノレールの駅に近いほうが良かったがここは駅のすぐ近くだった。

いつもの東横イン。荷物を下ろして各種充電させ晩飯へと繰り出す。
だが、飲み屋つーか大衆居酒屋やおね〜ちゃん♡が居そうな店は多いのだが沖縄そばの店がほとんどなくスマホで探してみるがあまり見つからなかった。


仕方なくホテルまで戻ると逆側にようやく発見!ソーキそばのセットと生ビールにありついた
 

お店は『我部祖河食堂』というらしい
味は普通でした。まぁ〜好物なので美味しかったです


ホテルに帰りTVなどを見ながら明日の予定を立て23時頃就寝zzz
つづく

沖縄へ

沖縄本島への灯台訪問は密かに狙っていたプランでやっとその機会に恵まれました。
今年は大きな灯台訪問にも行かなかったしバニラエアが沖縄航路を12月20日から就航するとニュースで知ってHPを見ると格安!沖縄本島はまだ未訪問だし沖縄そばが好物なので即決w

仕事納めの27日会社から京成線で直接成田へ・・・(成田ってのが安さの秘密?)
空港からはホテルの送迎バス(無料)でホテルに向います


今回も現地での時間を有効に使うため早朝の便を予約したので前泊。今回は成田の東横イン。ですがもともとホテルだった建物をを買収したようでビジネスホテルの造りではなく立派なホテルの部屋でした。こんなところじゃなくてもよかったのにねw ちなみに洗面はKohler社製でした。


バニラエアは全日空系の格安航空会社。1週間前に沖縄航路が就航したばかりです


受付のカウンターも取って付けたような簡易なものでした。まだ臨時なのかな?別に飛行機が飛んで時間通りに現地に着けば構わないのです!この受付カウンターからバスに乗って乗り場へ


今時、タラップで乗り込みます。まぁ〜安けりゃね


一路、沖縄へ。あっという間に沖縄上空です。雲は若干ありますね〜天気予報も曇りでした
那覇空港に着陸して予約をしていたウイングレンタカーさんの送迎バスに乗り事務所へ。手続きを済ませ出発!このウイングさんネットで調べて沖縄最安との事だったので決めました。


道路は思ったより混んでいて途中写真を撮る事も忘れ、今回の最初の残波岬灯台へ来ました。


残波岬灯台は参観灯台なのですが数年前から台風の被害で参観中止になっています。
今回はどんな感じになっているかも知りたくて来ました。


実際、灯台自体には見た目被害はなさそうでしたが周りがかなりダメージを受けていて、これでは再開はしばらく無理っぽい。つーか費用を工面して修復しなければ再開はなさそう。今は放置プレイ中ですw


灯台の周辺は残波岬公園になっていて無料駐車場もありこの日も多くの人が遊びに来ていた。
その公園側からは岬の感じがよく見えてこの日は風もやや強かったので波が打ちつけていた。
空港から残波岬までは港もあり防波堤灯台もあるのだがやはりこういった大きな旅のときは沿岸灯台から周りたいので途中は飛ばして来た。


残波岬灯台を後にしてR58で東シナ海沿岸を北上します。すると途中に灯標を発見。
先島諸島でも多く見かけた灯標と言っても柱のような標識です。帰宅後調べると該当する灯標が灯台表にはないので不明です。


更に北へ進み前兼久港北防波堤灯台に到着しました。小型の防波堤灯台ですが堤は石組みで綺麗でした。本州と同じく釣り人グループが楽しんでいました。堤防は駐車スペースからそれほど離れてなく問題なく到達!


前兼久港北防波堤灯台のある港よりすぐのところからまた灯標が見えた。これは名前が書いてあるので恩納港第6灯標だろう。と思ったがこれも灯台表には載っていない。さらに謎???


また国道に戻り走っていると海側に灯台を見つけた!しかし用意した手元の資料にはこの辺りには灯台は無いはずだ。
しかしどうみても灯台だろうと思い駐車スペースを探し徒歩で向う。するとモックでしたw どうやらホテルムーンビーチのイミテーションのようです。騙されたwww


冬なのであまり賑わいは感じませんが年の瀬なので道は混んでいる。
次に向ったのは琉球名護港南防波堤灯台。この灯台の建つ防波堤は付け根がわかり難く駐車するのに苦労した。しかも防波堤はそこそこ長くやや苦労しました。ですが堤防は公園のようになっていて整備されていました。先端の灯台周辺のみ立入禁止のようでした。


さらに北へと進み渡久地港本部防波堤灯台を目指す。ここの港からは伊江島にフェリーが出ていて港は大きい。灯台はすぐ見つかり近くまで車で行く事ができた。灯台の後ろは瀬底島。あの島には以前瀬底島灯台があったのだが廃灯となってしまった。ので行く事はなかった。伊江島にも灯台があるのだがこちらは米軍の敷地内にあり近づけそうもない。しかも船に乗らなければ行けないので今回はパスしました。


港からは伊江島の特徴のある城山がよく見える


次は同じ渡久地港の渡久地港南防波堤灯台です。コチラは旅客船の港からは外れて満名川の河口にある漁港の防波堤灯台です。
到達ルートがイマイチわからなかったのですが浜辺を歩いて行きました。浜では子供が爆竹で遊んでいた。灯台はちょっと変わった形のゴッツイ灯台で上を国道が走る橋の下に堤防があった。

沖縄本島で肝になるのは次の備瀬埼灯台です。この灯台、島にあるのですが潮位によっては浅瀬が出来て歩いていけるようなのです。僕は潮を調べたりはしないので行き当たりばったり。そして沖縄記念公園の道標にしたがって最後は細い舗装路を岬へと向う

んでやって来ました。しっかり島は離れていますw 間の海峡?は見た目水深3メートルはあります。
こりゃ〜無理だ。今日は諦めてまた明日出直そうと思い遠撮だけはしておいた。


そして今日最後の沿岸灯台である古宇利島灯台に着いた。古宇利島は立派な島ですが橋で繋がっているので車で行けます。橋も無料で渡れます。灯台への入口が判り難かったが地図を見ながら狭い道を行くと別荘のような住宅が・・・。


灯台はその建物の敷地に接して建っていました。写真でもお解りのようにかなり接近しています。
あまり景観はよくないですが仕方ありません。灯器はLED化されていてその割には大きなソーラーパネルが建物の屋根に載っていました。


今日最後は同じ古宇利島にある漁港の灯台に立寄りました。地図を見ると一文字堤のようですが名前は東灯台です。古宇利港沖防波堤東灯台は来る時に橋の上からよく見えたのですが近くまで行ってみると堤防は海の中で灯台には近づけなかった。ん〜〜〜残念!


今夜の塒はルートイン名護です。一度国道58号で引き返す形で名護へ
いつもは東横インが殆どなのですがこの辺りには無くルートインを予約しました。


部屋は普通のビジホです。ですがルートインってちょっと高いんですよね〜それは大浴場があるから(たぶんw)まぁ高いといってもワシントンや東急ほどじゃないけど、チサンや東横よりはね
とりあえず風呂は後にしてご飯ご飯!


沖縄そばが食べたかったんですがホテルの部屋にあったグルメマップには近くにはないようで近所のA&Wにしました。このバーガーチェーンは日本には沖縄にしかなく石垣島で食べたとき美味しかったので今日のところはここにしました


ホテルに戻り屋上の露天風呂で汗を流して。オリオンビールを飲みながら夕飯。
うん美味い!あ〜〜〜幸せ(安上がりなオレwww)
つづく

| 1/1PAGES |