2009GW北海道の旅6日目

朝7時に起床。今日も天気はよさそうだ。そして朝食を頂く。

普段、私は朝抜きなのだが旅に出ると何故か朝食が入る。しかもかなり(笑)今日もおかわりして満腹。
ここで。朝10:25のフェリーが出るか旅館のご主人に聞いてみると「今日は問題ないだろう」との事だった。船は10時なので余裕で支度をし8:30に旅館を出た。
今日は「天売島灯台」に向かう。この灯台、港の背後の丘に建っていて港からは近いのだが入口は反対側にある。
旅館からは歩くと1時間くらいか?しかしまたしても灯台入口まで車で送ってもらった。今回は随分と楽をさせていただいた。
普段BHにしか泊まらないのだが旅館やホテルだとこんなにもサービスが良いのだろうか???
萬谷旅館さん(宿泊費6500円=2食付+生ビール500円×2杯で合計7,500円税込み)
このサービスで2食付、このお値段なら格安だと思います。

その入口(車道の)より灯台へは未舗装の道が続いている

すると電線がつながり道の先には赤白の天売島灯台が見えてきた。
灯台もエコ化が進み太陽光発電の灯台が多くなったきた。写真を撮るには邪魔な時もあるのだが、私はこのような電線が長く灯台に続く風景が好きだ。


灯台には燈光会の看板もあった。焼尻島灯台にもあったがこんな離島にもあるなんて、設置の基準はどこにあるのだろうか?

あとは港の防波堤灯台です。

下の写真の階段を下りてきました。この階段も旅館のご主人に教えてもらった近道です。なんでも避難用の階段らしく普段は使っていないがこそっりいけば大丈夫(笑)

あっと言う間に港に下りてきました。
天売港北防波堤灯台天売港南防波堤灯台とも防波堤で徒歩での根元到達が可能なので勿論到達!。私の灯台表には東防波堤灯台も載っていたのですが廃灯になっていました。元灯台があったところには簡易標識の赤灯が建っていました。

そして10時。羽幌に帰るフェリーが着ました。
灯台も予定通り訪問完了!島には良いイメージしかありません。充分に満足して羽幌に向かいました。
========================================
羽幌に12:10ほぼ定刻に着く。
北海道本土にもどり灯台巡りがまた続く。今日はこの後R231を南下し、デザイン灯台の「波灯の女灯台」そして石狩まで防波堤灯台に寄りながら、夕方小樽で夕日で終了し、夜江差まで走り宿泊の予定とした。
明日は奥尻に渡る予定なので小樽から江差までの灯台は残念だがスルー。
苫前港北防波堤灯台苫前港東防波堤灯台鬼鹿港西防波堤灯台臼谷港西防波堤灯台ときて留萌に入った。国道から左手の丘の上に留萌灯台が見えてくるが、今回はスルーする。

今回は波灯の女灯台だ!出発前に調べたところ今ひとつどこにあるのかわからなかったがとりあえず黄金岬を目指して走っていると看板があった。
お〜〜〜これは観光地だね、しかも人間の形の灯台だからきっと目立つところにあるに違いない

黄金岬の看板。
しかし、実際についてみるとなんとも殺風景。コンクリートの塊のテトラポッドが並べてあり、工事中なのか?しかも全く緑は無く、ただの港の大きな堤って言う感じです。
灯台はすぐに見つかりましたが、周りは何も無く釣り人の車が5〜6台あるだけ。観光客もいなく、私以外は釣り人。
灯台の像もどこか寂しげに感じました。

まぁ、少し拍子抜けでしたがデザイン灯台を無事ゲット!今後は開発されるのかもしれない。
留萌港には未踏の防波堤灯台が数基あるのだが今回はスルー。
増毛に向かう。増毛港北防波堤灯台増毛港西防波堤灯台別苅港北防波堤灯台雄冬港北防波堤灯台と訪問。正直、防波堤灯台を巡るのにも飽きてきた。やっと石狩を過ぎ小樽の日和山灯台に向かう。

今回は灯台には行かず、遠景写真を撮ろうと思っていた。
そう、よくインターネットで見るアングルを探そうと思っていたのです。
そして、水族館からそれらしき登り道を上り、ホテル?の前に展望台があった。

まさしくここ!約1時間暗くなるまで写真を撮る。・・・がイマイチでした。

夕焼けもイマイチ(涙)

暗くなり、一路江差へ。R229→道道9号→R5→長万部→R5→R277→R229→江差
しかし、結構距離がある。北海道であることを痛感する。暗い中走っても走ってもなかなか着かず、結局江差に着いたのは22時を回ってしまった。
江差は港町なので数件ホテルがあるのだがどこももう閉まっていました。明日は6:45のフェリーで奥尻に渡るので、どうせ8時間くらいと思い、今回の旅ではじめての車中泊を港の駐車場ですることにした。今日は朝、天売島の旅館で食べたきり何も食べていなかったのでコンビニで弁当+ビールを買いささやかなディナーを車で食べ24:00就寝。しかし、久々でしかも小さい車だったので熟睡は出来ませんでした。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック