2009GW北海道の旅8日目(最終日)

いよいよ最終日となってしまった。
まだ、未到達の灯台が砂埼灯台、後志泊港灯台、アヨロ鼻灯台と3基ほどある。この他に神威岬灯台とチキウ岬灯台には再訪したい。
帰りの飛行機はJAL538便札幌千歳19:05発なので空港には18時頃には着きたい。

朝、5時に起床。今回も朝食は抜いて東横イン函館大門を出る
取り急ぎR5で砂埼灯台に向かう。大沼でR278を右折。
カーナビにしたがって進むのだが、着いた先は砂山の中。
ん???ここか?なんか工事現場みたいだぞ
しかし、未舗装の道が岬方面に続いているので車を停めて徒歩で向かう。でも違うような・・・。
しかし少し歩くと遥かかなたに赤白の砂埼灯台が見えた。

イヤ〜〜遠い。しかしまた車まで戻って行く気もしないし、まぁー見えてるだけいいか。
そして灯台目指して歩くのだが途中から整備されていた道から草原の中の道になりついにその道らしきものもなくなってしまった。

まだ、少し距離はあるが草の中を歩いて約15分ようやく灯台到着した。
すると近くには数台車が停まっていた。そうか多分、車道があるんだなーと思ったが撮影して来た道を徒歩約25分また引き返し車に戻った。

次は後志泊港灯台。この灯台は照射灯も併設。
R278→R5→道道9号→R229で向う。ん〜今日は移動が多いな
岩内を過ぎ海岸沿いを北上すると後志泊港に着いた。港から見ると灯台はちょっと突き出や岬にあった。入口は泊稲神社の脇に細い道が通じていた。

道は神社の道のようだが結構荒れていてクモの巣がはっていた。しかも下水の異臭が(涙)灯台は訳ない距離なのだが撮影スペースはほとんど無。

臭いのでさっさと初点記念額を撮り、港に戻り遠景撮影で終了とした。

さて、次だ。時間的に微妙になってきた。ここら神威岬まではR229で一本道だが空港へは遠回りとなる。
今、13時。
しかし神威岬灯台というか神威岬には是非行きたく結局向かった。しかしそのR229が結構混んでいる。他に道もないし約1時間神威岬の駐車場に着いた。
車を降りるとやや風がある。岬は通れるだろうか?心配して向かう。途中、環境保護の寄付金の看板があった。「寄付金は100円単位でお願いします」と言うのがイマイチ意味不明だが微力ながら100円協力。

いよいよ「女人禁制の門」へ続く道
向こう側から観光客が戻ってくるのできっと通れるのだろうと安心する。


開門!している
ここから灯台まではおなじみの絶景ロードです風を感じながら気分良く歩く。・・・が時間に余裕が無いので急ぎ足でした(笑)
途中、何人も追い抜き灯台へ。前回撮らなかった。灯台と神威岩のツーショットを写真に収め、しばし景観を楽しむ。
名残惜しいが帰路に着く。

さてさて、次はチキウ岬だ!R299を積丹出岬方面へ。灯台はスルー。余市からR5で倶知安へここでチキウ岬かアヨロ鼻か迷う。両方は時間的に厳しそう。
考えた末、未到達のアヨロ鼻灯台と決めR276→R453と進みR37。
室蘭は通るが地球岬は通過(涙)アヨロ鼻へと向かう。
R36に入ったころから道が混み始めてきた。現在16時
アヨロ遺跡を目指し進むと赤白のアヨロ鼻灯台が見えてきた。
丁度よく、駐車場もあったので車を止め向かうと、灯台まではまだ距離がある。ん〜〜〜ここは灯台への道ではないか。一応、写真だけ撮って車に、戻る。
遺跡方面にダート道がつながっていて海に向かっている感じだったので入っていくと海に突き当たり、そこには駐車場。
崖の上にはアヨロ鼻灯台が・・・。

ついに到達!これで出発前に行こうと思っていた灯台はほぼ到達。
この8日間、結局、北海道を約一周し長いような短いような灯台巡りが終わった。
感動もそこそこに急ぎ空港に向かう。
短い距離だがR36が混んでいたので道央自動車道で千歳まで行くことにした。高速を下りて空港の近くのスタンドでガスを入れレンタカー店に着いたのが17時45分。
レンタカーのマイクロバスで空港に着きJAL538で羽田へ

これで2回目の北海道灯台巡りが終わった。
自身の北海道はこれで4回だが1度目は函館のみで2回目は富良野でスキーだったので北海道!って感じはやはり2回目。
道南の防波堤灯台+矢越岬灯台と根室+知床であと2回は来たいが果たして・・・(完)

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック