灯標巡り???

年内にもう一度と思っていた灯台巡り
予定していた日程&場所はことごとく雪!(4プランもあったのに)
・・・で、今年はもう止めようかと思ったが、「行きたい虫」が騒ぎ出し大幅規模縮小で日帰り訪問を考えはじめた。ETC特割が今日(23日)で年内最後なので「日帰りETC1000円!往復で2000円プラン」を考え始めたのが20日頃。23日の天気予報はどこもまずまずだったが日帰りという制約が付くので結局は限られてしまう。
候補は茨城、静岡、愛知で結局、まだ西側に空白地域のある愛知に決定した!
最大の目標は離島の「波ケ埼灯台」で、他に灯台名に『堤』の入らない、
私的分類での沿岸灯台の「衣浦港武豊灯台」「衣浦港中央ふとう西灯台」「栄生灯台」の3基を含めた4基に伊勢湾の大動脈に建つ「伊勢湾灯標」と知多半島先端の黒黄色灯標「羽島灯標」を一応リストして、防波堤灯台も限りなく多く周るといういつものパターンで予定を立てた。

毎度、前置きが長くなりましたが「お願いランキング」を見てから1:15に出発!
最近あまり利用していない東名高速を使うことにしてETC特割の為、厚木ICまで下道で向かう。途中、R129のセルフのスタンドで給油=117円/リットル(安いと思うけど・・・?)
・・・で、厚木より東名で西へ。牧之原SAで小休止して伊勢湾岸自動車道→東海ICまでノンストップで走破しました。R155で知多半島を南下、最初の目的地である大野港へ向かうが、これがなかなか港に入る道が判らず何度も行ったり来たり。6時ちょっと前でまだ暗く、しかも国道より海側に入る道がどれも狭くまた迷路のようだ。しかし、家の軒先には普通車が停まっているので立ち往生することはなさそう。
結局、地図上では判りにくかったがコンビニの脇の道より港に行くことが出来た。

大野港を最初の目的にしたのは愛知県の一番北西の防波堤灯台であるとともに、地図で見た限りにここの防波堤からが一番近くで伊勢湾灯標が見えそうだったからです。(地図上では約2km)今回は点灯している姿を見たかったので丁度良い時間に到着しました。

しかし、上手く写真撮れませんね〜やはり三脚使っても暗いと望遠はダメです。もっと解像度のいい望遠レンズ欲しいけど・・・。三脚もちょっと私のカメラには小さいのかも知れない。

今後、灯標とかも目標に入れていくとなると課題の一つですね。
しかし、流石は伊勢湾の灯標です。凄く明るい光ですぐに判りました。やはり来て良かった。下手な鉄砲数打ちゃー当る?かなりの枚数を撮影しすぐ脇の大野北防波堤灯台に目を移すとさっきまで点灯していた緑光が消えてしまっていた。しまった!伊勢湾灯標に夢中になりすぎていて点灯時の姿を写真にとるのを逃してしまった。
===================================
気を取り直して撮影。
大野北防波堤灯台はLED化はされていなくまだ白熱電球(LV-況拭)でますます点灯時の姿を撮っておきたかったが仕方ない。
続いては鬼崎港蒲池北防波堤灯台だがここも港に入る入口が判らず少し手間取った。ここはLEDになっていた。そして鬼崎港北防波堤灯台と向かう。ここの港は道沿いだったので楽だった。灯器はLED。
続いては常滑港南防波堤灯台。常滑港はフェリーが発着する港ですが灯台はやや南の外れにある。ここもLEDだった。常滑港りんくう地区南防波堤灯台を探すが見つからなかった。帰宅後調べると灯台は沖合いの防波堤にあるらしい。
苅屋港南防波堤灯台はやや防波堤が長かったが余裕で到達。ここもLED。
しかし、この辺はLED化が進んでいる。またどの防波堤にも釣り人が必ずいる。
次は小鈴谷港大谷北防波堤灯台を目指す。白灯台が見えてきたので行ってみたら小鈴谷港北防波堤灯台だった。ここは小さな灯台でまだサイレン型のレンズの白熱球だった。防波堤から来た方向方面を見ると防波堤に立つ小鈴谷港大谷北防波堤灯台が見えた。どうやら行き過ぎて飛ばした様だ。行って見るとLED。

・・・で次は野間埼灯台になる。野間埼灯台は前回愛知県に来た時に防波堤灯台にむきになりすぎて夕方近くなり途中を飛ばして無理やり到達した灯台。今回は天気も良いので立ち寄ることにした。どうせ通り道だしね。
途中「灯台ラーメン」の店があった。出発前に機会があったら入ろうかと思っていたがまだ準備中だった。この辺は、民宿や温泉も在り観光地になっている。結構灯台の名前も目にするので野間埼灯台も観光の一躍を担っているようだ。
R274を南下していくと灯台が見えてきた。灯台目の前には駐車場もあるのだが有料なので手前のスペースに停め灯台に向かう。するとまだ朝(9:30)だったせいか駐車場には徴収員はいないようだった。ま〜〜〜いいや

灯台に到着!約1年半ぶりですね〜灯台らしいって感じのスタイルでなかなか良いです。
以前は灯台を囲むフェンスにカップルが掛けた錠が無数にあったのだが撤去されていた。
きっとすべて破局を迎えているだろう(笑)
灯台をぐるっと周って順光で撮影と思い反対側に行ってみると・・・。

前回来た時は商用電源だったのに、ソーラーパネルがある。しかもこの規模の灯台の割にはパネルが小さい!嫌な予感が・・・。帰宅後調べると思った通りLED化されてしまったようだ。確かに、エコも大事だが大型の沿岸灯台ぐらいはそのままでもね〜以前は不動レンズだった気もするけど。やはり灯台は光が回転してないと・・・大型レンズは無理としてもせめてLB-30M型にしてくれ〜
===================================
ものの10分程で野間埼灯台を後に内海港南防波堤灯台へと向かう。
内海港に着くと付近の道が工事中で港の北側が通行止めになっていた。
国土地理院地図の灯台マークの場所には影響が無いので防波堤に向かうが灯台が無い。
ん〜〜〜そういえば来る途中に小さい赤灯台があったが・・・。
簡易標識だと思って通り過ぎたが戻ってみるか
行ってみると防波堤が切れていて根元までは行けない。防波堤灯台のようで簡易標識のようでとりあえず目標の場所には無かったので遠景で撮影しておく。帰宅後調べると灯台は今年10月に移転新設されていたようだ。
どんどん南下して豊浜港中洲西防波堤灯台豊浜港中洲沖防波堤西灯台豊浜港西防波堤灯台豊浜港南防波堤灯台と立ち寄る。どちらも白灯台は堤防を歩いて到達できたが赤灯台は島防波堤で根元には行けなかった。

そしていよいよ知多半島の先端、羽豆岬に着いた。

読めませ〜〜〜〜〜〜〜〜ん。
ここは伊良湖や日間賀島、篠島に渡船が出ている師崎港があり港もかなり広い。
港にはコイン駐車場があり有料のようだったが今回は停め岬をじっくり周ろうと思った。
まずは目標にしていた羽島灯標を見に岬の先端へ。釣り人がいるが灯標はそれほど沖ではなくかなり近くで見物できた。
その後、師崎港南防波堤灯台の建つ防波堤へ。途中、緑の灯標と赤の灯標と黄黒の灯標が見えた。赤はかなり遠いが他2基は撮影。
灯標っていろいろな形や色があるが・・・まぁー緑は左舷、赤は右舷って感じはするけど。赤黒は孤立障害。とここまではなんとなく知っていた。
黄黒はイマイチわからなかったが今回、ネットで調べて学習しました。

南・西・東(名前は本編で・・・)
師崎港付近で3基あります。おしいな〜北も作ればいいのにね
今回は灯台より灯標巡りって感じです(笑)師崎の防波堤灯台も数基周り駐車場に戻り出発!
精算機に駐車券を入れると無料でした。どうやら50分までは無料らしい。以後、1時間につき100円と、かなりお得な駐車場です。こんなことならここで食事すれば良かったと思いました。訪問の際は迷わず駐車場に入れましょう!

ようやく折り返し???〜つづく

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック