鳴門海峡冬景色〜四国の旅1日目(徳島)

 いよいよ徳島県に入る。灯台巡りスタート!!!!!!
何時ものように港に入り防波堤灯台をまず巡る。
折野港防波堤灯台阿波大浦港北防波堤灯台粟田港北防波堤灯台阿波瀬戸港北泊外防波堤灯台亀浦港亀浦北防波堤灯台と根元に到達。途中、海の中に建つ赤灯台がありそこはスルーした。R11より県道183へ鳴門公園を目指す。
標識に従い走っていくと駐車場の看板が

このトンネルの手前右側に入ると有料駐車場。
しかし灯台はこのトンネルの先。灯台だけならこのまままっすく進みホテルの駐車場にコッソリ停めてしまえば・・・。私は素直に有料(410円)に停めましたよ!当然。
駐車場からこのトンネルまで徒歩で戻り先に進む。鳴門エディングホテルの駐車場脇より遊歩道が岬に伸びている。綺麗に整備された道を歩き灯台に到着(トンネルより徒歩5分ぐらい)

ここは景色がいいですね〜大鳴門橋もよく見えるし・・・。
とっ思ったら橋の下に鳴門飛島灯台を発見。しかしあそこは根元到達は難しそうだな〜渦潮あるし観光地だし渡船は無理かもしれない。当然今回は遠景でお終い。でも良い景観です。

この公園には渦潮の観光ポイントがあり観光バスで乗り入れた多分中国人が沢山いました。私もちょろっと眺めましたが渦にはなっていなかった(このときAM8:30)
その手前に孫埼灯台がちょこっと見えるところがありました。

観光客は全く灯台には無関心で笑っちゃうほどです。

さてさてと駐車場に戻るとこんな看板がありました。

なんだ〜あと30分で見頃なの???引き返そうと思いましたが面倒になったのでこのまま立ち去りました(笑)相変わらずの旅ですね〜まぁ特に今回は灯台以外は全てスルーを決めていましたので。
===========================================
海沿いの県道を南下、一度R28に出て撫養川大橋を渡り撫養港方面へ。すると赤白の目立つ撫養港導灯前灯が見えてきた。しかし、港で何かのイベントをやっていたようで道は車で溢れていた。
導灯よりかなり遠い所になんとか路駐して導灯へ。

まだ綺麗な塗装で赤白がくっきりしています。ここからは中瀬灯標も確認できました。
前灯を終わらせて後灯の根元へ行きますが、これが住居の間にあって周囲のスペースがありませんでした。灯台表によると撫養港1号突堤灯台という防波堤灯台があるようなのだが確認できませんでした。
天気もここに来てやや良い方向に晴れ間が出てきました。次は大磯埼灯台に向かう。
海沿いに車を停めていたのでそんまま細い道を海岸沿いに灯台のある岬方面と進むが途中で行き止まり灯台の姿も見えず。どうしたもんかと磯を少し歩いてみるも岬の先まではいけそうも無い。
一度車に戻り地図を確認。岬の反対側からも道が伸びているようなので一度港に戻り街中のかなり細い道を通り反対側に向かう。途中、水路を渡ると岸辺の道に出た。
海岸通りを今度は北西に向かって岬を目指すと突き当たりに駐車スペース。そして大磯埼灯台の姿が確認できました。
お〜〜〜割と近いじゃん!

この磯辺の道を歩き灯台の麓まで着ました。しかし灯台に繋がる道が見つかりません。
ん〜〜〜どうやら裏の山から下りるルート?
で、岬にはサイクリングロードがあり良い感じで灯台裏に行けるのです。間違いない!

一度、車を停めた場所まで戻り階段を登りサイクリングロードに出で灯台方面へと入口を見落とさないように慎重に歩く。
・・・しかしそれらしき道に出くわさないまま岬を通過し反対側の海に出てしまった。
あれ?っと思い今度は反対側の磯に出て車を停めた方面へと歩く。灯台は見えるのだが入口はやはり見当たらない。もういいや!大した高さではないので崖をよじ登ろう!少しでも登りやすそうなところを探していると

この緑の草のところを登りました。若干踏みあともあるのでみんなここを登っているのかな?そこそこの急斜面でところどころ手を使わなければなりませんでしたが無事登頂!灯台へ
一通り撮影し景色を眺め戻ろうと思ったら灯台の後ろに道が伸びていました

この道を戻ろうかと思ったが止めました。来た道を戻り車に。結構時間掛かっちゃたなー

次は粟津港南防波堤灯台を目指す。途中、お城のような天守閣を見つける

撫養城???
R28から工業地域を海辺に行くと入江があり堤防の先に白灯台が。

が〜〜〜長いな。でも好きなロケーションなので根元まで行きました。

え〜〜〜次は一応、徳島空港飛行場灯台だったのですがぱっと見で見つからなかったのであっさりパス。今切港長原導流堤灯台に向かいます。空港より今切川手前の州に到着。
灯台は見えず道は狭い。なんとか車を停められるところを探し海へと歩く

あ〜〜〜ありました!しかしここも堤防長いな。
気を取り直し何とか歩きました。先端には釣り人が・・・。好きだね〜(笑)
この堤防から近くに灯浮標も見えた。

さて次は小松島灯台に向う。途中、徳島沖の洲導流堤灯台にも立ち寄った。徳島沖の洲導流堤灯台は防波堤灯台には珍しく登頂部に装飾のある洒落た灯台だった。本当は徳島沖洲旅客船ふ頭灯台を探したのだが・・・不発でした。

R55に入り小松島港方面へ小松島灯台のある根井鼻方面へ進むのだがナビ任せで走っていたらどんどん道が狭くなっていった。住宅地に入ると道幅はサイドミラー擦れ擦れに(汗)もう突き進むしかありません。するとT字路にぶち当たったがどう考えても狭くて右折も左折も出来ない(爆)
ひゃ〜〜〜来た道バックで引き返すの???いやじゃ〜と思いましたがしかたない。
とりあえず普通にバックを試みたが本当にぎりぎりで殆どカメさん状態(涙)
右側のミラーをたたみ窓を開け右側は目視。左側はミラーで確認し右側ぎりぎりにジリジリと後進。
約50メートルを20分掛けて何とか民家の庭先を借りてUターン。ふ〜〜〜酷い目にあった。
今度は地図を見ながら自力で灯台の足元と思われるお寺方面へ。

何とか灯台を発見。しかし駐車スペースが無い↑の看板を左折したところに路駐しました。
んで灯台に向かうであろう階段を見つけた。

この階段が結構な斜度にあり普通に歩いていても息が上がってきます。途中分岐がありましたが私は右へ(多分、どちらからでも行けると思う)ところどころにお地蔵さんがあり看板のとおり「ミニ四国八十八ヶ所」なのだろう。歩く(登る)こと10分灯台に到達した!
===========================================
灯台より車に戻り小松島港にも向かってみる。小松島灯台より数基防波堤灯台が見えたので行ってみる。灯標も含め数基あるようだが実際に灯台まで行けるのは小松島南防波堤灯台だけのよう。
この灯台は競輪場の隣の工場敷地よりコッソリ入り海岸に。すると消波ブロックが灯台の繋がる堤防に向かっていた。堤防には釣り人もいて結構みんな入っているみたい。

防波堤灯台3基と奥に灯標。根元まで行けたのは右の白灯台。

つづいて小松島港より訳けない距離の和田ノ鼻灯台に向かう。
海上自衛隊小松島航空隊の敷地脇の道を岬方面へ。道は狭いが舗装路が続いている。途中工事でダートだったが割りと容易く到達出来た。

初点は古いのだが・・・小型のFRPですね。車を停めるところに苦労しました。
・・・とここで予定では本日終了だったのですがまだ行けそうなので刈又埼灯台を目指す。
R55を南に県道26より県道200で岬方面へ途中、蒲生田岬との分岐点のY路地を左へ県道287を椿泊方面へ。
この道、港辺りまでは細いながらも問題ないのですがそこを過ぎると途端に激狭へ・・・。

小松島灯台に行ったときにカメさんになってしまったので、まだ岬まではかなりありそうだが道端の駐車スペースに車を停めた。そこには『駐車禁止』を大きくペイントしてあったが地元の車も駐車していたので便乗した。
ここから徒歩で神社→郵便局→小学校を通過し、徒歩15分程で行止まりに到着

先に堤に沿って道があるので構わず進む。ここに犬が2匹いて吠えられまくられた(汗)
すぐに視界が広がり灯台を見つける!

灯台まで神社を通りやや急な道を上り到達。あまり高いところにある灯台ではないので景観はイマイチかな?しばらく休憩し車へと戻る。

道が狭いという自覚はあるようですね〜県道が終わったあたりで急に狭くなるようです。でも地元の人たちは普通車でガンガン走っているので通行は問題ないですよ。しかし生活道なのでこんな道でも通行が頻繁でそのたびに譲り合うのもメンドイかもしれない。

ここで1日目終了!今回は格安での旅程なので車中泊です。(最近、無駄にホテルに泊まってましたので・・・。)
地図及びカーナビで近くの道の駅を探すと「道の駅〜わじき」が一番近そう。そして温泉は鷲敷温泉
私は別に(特に今回は)名湯巡りをしている訳ではないのでどこでもOK!ここから片道35km以上あるのがちょっと難点ですがカーナビにセットして向かった。


ちょっと鄙びた温泉旅館ですが日帰りもOK。しかも350円と格安!

露天はありませんでしたがボディーソープ&シャンプーはありました。丁度夕食時に入ったので2人しか入浴しておらずゆっくりと出来ました。満足して道の駅に向かう途中コンビニで夕飯を購入。車で食べ、22時就寝しました。
私以外は2台宿泊のようでした。


一日目の宿泊先「道の駅〜わじき」翌朝撮影。
走行距離898km(累計898km)

コメント
dunkanさん、読み逃げしてばかりで失礼しました。

大磯埼灯台・・・幾人かの方が根元へ行かれているのですが、登られましたか!
灯台の後ろに伸びる道は、サイクリングロードに出て来るのかなぁ〜?

わたくし、遠望だけで止めているのは同志の方がチャレンジされた際、
地元の人に「この辺りで、白骨温泉見つかったみたいだ!」と聞いており、
そのままになっている次第です(笑)

う〜ん、和田ノ鼻も刈又埼も想像通り、駐車が大変みたいですネ・・・
lh_645さん、コメントありがとうございます!
多分、サイクリングロードにつながっていると思いますが、
くらさんのHPを拝見するとなくなってしまったという事ですね〜
あっても険しいのかもしれません。
>白骨温泉
ひ〜〜〜明るいうちで良かったです^^
写真に変なものが写っていないことを・・・
  • dunkan
  • 2010/01/28 7:12 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック