能登半島を南下〜水色2連発のんびり灯台巡り

県道36号を南下していくと北陸電力志賀原子力発電所が見えてきた。道から白と赤の灯台も見えたがそのまま通過した。(撮影だけでもしとけば良かったかな?)

続いて安部屋港防波堤灯台へ
港に着くと駐車スペースがあったので停めると近くに看板があった。

そこには灯台マークがあり、どうやら弁天島にあるらしい。ん?防波堤灯台なのに・・・。これはめっけモノかな?と思い徒歩で向かうと

なんとも味なある灯台があった。灯器もあるがなんだか照射灯のようだけど・・・。
まーとりあえず撮影して車に戻る。しかし帰宅後調べるとこれは安部屋港防波堤灯台では無かった。あーまた早とちりをしてしまって結局、安部屋港防波堤灯台は未到達でした。

高浜港第4防波堤灯台、柴垣港第1防波堤灯台に立ち寄って滝埼灯台に向かう。R249から滝港方面に入ると灯台の頭が見えてきた。そのまま車で進むとダート道になってしまい。ちょっと轍があるけど進んで行く。

後でちょっと後悔しました。草なので傷にはならないのですが車がかなり汚れてしまった。灯台は下部が水色タイルでした。穴水灯台よりちょっと薄い色でした。

滝港の滝港第2防波堤灯台、滝港第3防波堤灯台2基にも立寄る。

この先、白尾灯台まで約25kmは沿岸灯台はおろか防波堤灯台も無い。今回はほとんどipodを聞きっぱなし。〜悲しい気分なんてぶっ飛ばしちまえョベイビ〜♪天気も良く気持ちの良いドライブでした。
約40分のドライブで白尾灯台に到着した。灯台は白尾ICの直ぐ上にあるのですが私は下道で向かったのでちょっと道が複雑でした。カーナビにしたがって運転していたら駐車場に到達できた。白尾灯台も水色タイルの灯台でした。近くには神社があり岬では無いのだが海が見下ろせるロケーションで景色は良かった。

シーザーではありません。狛犬です(笑)

続いて金沢港へ向かう。ここは大きな港で工場がたくさんあり港沿いの道も4車線の道路が多かった。まずは金沢港東防波堤灯台へ。コマツの工場?の脇に道があり堤防までいけました。

ここは工場は基本、立入り禁止のようですが堤防まで脇道があり釣り人が数人いました。この堤防から2基の灯浮標が近くに見えた。対岸の金沢港大野波除堤灯台は堤防がバリケードで封鎖されていて灯台には近づけなかった。金沢港西防波堤灯台は見つからなかった。

金沢港大野波除堤灯台からすぐそこには大野灯台がある。灯台付近には駐車スペースがあるのだが港の駐車場に停めた。大野灯台は塔が高く立派な灯台です「日本の灯台50選」にも選ばれた。

大きな灯台に大きな看板。

隣の港の金沢港金石東防波堤灯台には徒歩で行けたが、対岸にある赤灯台の金沢港金石西防波堤灯台は途中にバリケードがあり行けそうも無かったので行かなかった。

次は美川灯台。ここもちょっと離れている。
美川灯台は北陸自動車道の美川IC近くにあるのだがやはり下道で行ったのでカーナビにしたがって向かうと下水処理場?に到着した。・・・がここが廃墟みたいでした。もう使われていないのかも。

このふざけた塔が目印。近くの海岸にはサイクリングロードがあり、意外にも人が大勢いました。
※この塔は下水処理の水槽塔らしいです。老朽化のため2011年をめ どに取り壊される予定との事です。

灯台の直ぐ後ろは高速道路です。ここも岬っぽくは無いのですが海は見渡せる。

次に向かう安宅港口灯台は梯川河口にあり川沿いに向かうと安宅公園があった。ここは「勧進帳」で有名な安宅関があり史跡にもなっている。

私は寄りませんでしたが結構、人が多かった。駐車場も広いのだが結構な車が停まっていた。灯台はこの駐車場から歩いて2分程です。

スックリとした灯台で河口の灯台なので小さい灯台かと思ったがそこそこの大きな灯台でした。燈光会の看板も設置してあった。

次は橋立港に向かう。ここには4基の防波堤灯台があるのだが全て海の中で歩いてはいけなかった。いよいよ石川県の端に近づいて来た。つづいては加佐岬灯台。

橋立港より見える加佐岬灯台
加佐岬は橋立港の直ぐ近く。岬は公園になっていて無料駐車場もありました。

灯台は駐車場の近くです。徒歩10分程。

歩きやすい遊歩道で向かう。灯台付近の遊歩道よりの眺めは良好です。この日も霞がかかっていて青空が今ひとつハッキリしなかったのが残念。

そしていよいよ石川県最後の塩屋港北防波堤西灯台。
港には訳けなく行け、灯台も直ぐに見つかったのですが・・・海の中でした。

あ〜最後の灯台なのに。
これで灯台訪問の旅が終わりってのも・・・。まだ時間も早いので福井県に入ることにした。
つづく

コメント
コメントする