近くて近い大島へ

昨年の7月にも一度行こうかと思っていた伊豆大島
東京に住む私にとって、三浦半島や伊豆方面に遊びに行けば、嫌でも目に入る(笑)存在ですが生まれてこの方、いった事がない。
それは灯台に興味を持って約4年も行くことはなかった。伊豆大島には大型沿岸灯台2基とデザイン灯台1基があり、多少、船代でコストが掛かっても行く価値のある島なのです。
今回はやっと重い腰を上げ、10日前に船とレンタカーを予約。もう後には引けない状況に追い込み天気予報を気にしつつも楽しみに待ちました。

前日の仕事を定時で終え、御茶ノ水で買い物し神田でブラブラと薬屋で買い物し、いよいよ浜松町へ。
浜松町駅では前回、日の出桟橋に出た南口から出てしまいちょっと遠回りになってしまった。(北口が正解)


竹芝桟橋の旅客ターミナルに着いたのは19:30程だった。
まだ、窓口は閉まっていて、乗船券の発行は20:00からだった。ターミナルも人影疎らで閑散としていた。
8時になり船券を買う。往復8,540円。。。やはり日帰りはちょっともったいないな〜
出航は22:00なのでまだ大分時間があるがもう暗いし、特にすることも無く観光パンフなどを眺め時間を潰していると徐々に人が多くなってきた。
乗船の21:40になるとターミナルはかなり多くの人になっていた。22:30の八丈島航路もあるからなのだが・・・。

A1ゲートに向かうと「かめりあ丸」が停泊していた。

それなりに立派な客船。飛行機に乗る時みたいな乗船通路を渡り船内に。
私は一番安い2等なので船底です。この2等、予約時に和室と椅子席が選べるのだが椅子席を予約した。和室は枕と細長いスペースでどうせ往きは寝るんだから和室にすれば良かったかな?と思ったが椅子席の椅子もリクライニングが140度出来ま〜寝るには差し支えなかったです。

時間通り22:00出航。5分前にドラがなったのですが船は全く揺れず出航したのに気が付きませんでした。あれ???っと思い甲板デッキにむかうと既に船は進んでいてレインボーブリッジの下を通過するところでした。
ここで出発前に気になっていた関東地⽅整備局東京施設灯を見ようと船体左側の甲板でしばらく夜景を見ていた。
すると徐々に近づく白色の点滅の塊を見つけた。

写真だとなんだか判りませんが(笑)関東地⽅整備局東京施設灯。旧東京灯標です。頂点の灯かりが塔頂のLEDで周りが台座のLEDです。光りは同期していて明るさもあまり変わらないようでした。形は東京灯標時代を留めていて、二枚貝を模した建物も残っていました。何れまた昼にでも確認しようと思います。
横浜港に寄港したのが23:45で24:00が消灯でした。しばらくはipodを聞いていましたが24:30頃寝ました。

「まもなく岡田港に到着します」のアナウンスで目覚める。ん〜〜〜よく寝れました。荷物をまとめちょっと早いがデッキに出るとまだ暗い中、港が見えてきた。空は雲で覆われている。

港に着きまずは岡田港防波堤灯台へ。まだ暗いが一応、点灯時の姿を・・・。
そして「潮風プロムナード」を抜けると、今回予約していた伊豆大島レンタカーの方に車を借り受けた。 
今日は天気予報によると曇り後午後から雨だった。帰りの船が14:30なのでなんとか雨が降る前に少なくとも灯台は制覇したいと思っていた。
いよいよ灯台訪問の開始!まずは港から点灯している姿が見えた伊豆大島灯台へ。
車を走らせる頃には明るくなっていた。出来れば点灯時の姿を写真に収めたかったがもう無理そうなので急がずに向かった。レンタカーはビッツのナビ付き。とりあえずナビに灯台マークがあったのでナビ任せで向かう。途中、大島空港の横を通ったが大島空港飛行場灯台は見当たらなかった。
灯台の建つ風早崎に向かうとそれらしき入口がありカメラを持って向かうと山道を数分歩いて行き止まり・・・。持ってきた国土地理院の地図を見ると全く違うところから入っていた(笑)「なにあせってんだ俺」更に細い舗装路を進むと

入口には道標もありました。ここからは歩きです。道はしっかりしていて車高の高い4WDならさらに先にいけるかもしれませんが。800m程やや上りの未舗装路を10分歩くと広場に

ここからは階段です

階段は僅かですぐに灯台に。おお〜〜!なかなかの灯台です。基本四角い形ですが左右に出窓のようなテラスのようなものがあり凝ったデザイン。天気はイマイチですが来た甲斐がありました。灯台は封鎖されているのですがいつもの如く失礼させていただきました。・・・が残念ながら初点記念銘板はありません。これなら柵を越える必要は・・・。
灯台敷地はそれほど広くなく隣にはレーマークビーコンがあります。おそらく昔の官舎の敷地に建てられたのではないでしょうか?

そして、いったん岡田港に戻りもう一度岡田港防波堤灯台に向かう。

その途中、導灯のようなものを発見

岡田港導灯???でしょう多分。灯台表にはありませんが・・・。

そして明るくなって岡田港防波堤灯台

アンコ椿の顔。このデザイン灯台・・・一見かっこ悪く見えますが灯台のパーツを良く生かしたセンスが光ります。私は両津港北防波堤灯台と並び好きなデザイン灯台です。

この後、波浮港に向かおうと思ったのですがナビに従っていたら先に元町港に行くルートだったのでそのまま走った。すると当然また大島空港の脇を通る。さっきは良く探さなかったがもう一度空港に行き大島空港飛行場灯台を探すことにした。空港入口を入ると灯台はすぐに見つかった。

大島空港飛行場灯台とレンタカー。灯台はこれまで見てきた飛行場灯台とは比べ物にならないくらい低いが・・・白青光のレンズも見えるのでまず間違いないだろう。大島って品川ナンバーなんですね(笑)
つづく

コメント
コメントする