曇り後に・・・そして帰路

波浮港を出発し迂回路経由で周回道路へ
北上し岡田港へ向かう。この周回路、島の東側は海からやや離れた陸地を通っていて景観はそれほど良くない。三原山もよく見えない。

快晴の中、三度目の岡田港防波堤灯台へ

やはり晴れていると景色が違う。かろうじて富士山の頭がかすかに見えた。

折角、晴れてきたので伊豆大島灯台へも行こう!

周回路を走っていると大島灯台に入る道の南側にはあまり目立たないが道標もあった。
朝と同じ入口脇の駐車スペースに再び駐車して未舗装路を歩いていく

こんな感じの道です。

広場から灯台も見えました。(朝は気が付かなかった^^)
あっそっか旧官舎(退息所)ってこの広場にあったのかな?
階段を上って灯台。今回は広角ズーム1本で来た(朝は忘れていた^^;)

こちら側は逆光ですね〜晴れだけど・・・。
そして元町港にも再訪問。元町港突堤灯台は2回来るほどではないのですがレンタカーを返却するさい、ガス満にする必要があり、伊豆大島で日曜日に開いている唯一のGSが元町港近くにあるのです。
ついでにと言っては失礼だが

もう一度。朝より波が高くなっていました。快晴!
そして朝は気がつきませんでしたが旅客ターミナルの壁に

ちょっと・・・この絵って。怖くないですか?

さて、これで灯台訪問はオシマイです。時間は12:15。帰りの船は14:30なので14:00までには車を返すように言われていた。
あとは温泉とお昼ご飯です。まずは温泉。出発前にはネットで調べた「三原山温泉」に行こうと思っていたが。この温泉は火山道を車で登って行くのでやや距離がある。
すると火山道に向かう途中に「源泉かけ流し」の看板を見つける

日帰りOKのようなのでここにした。
入口で料金を聞くと「島民以外は800円」とのこと。ちなみに「三原山温泉」も800円なのです。どう見ても設備はネットで見た「三原山温泉」の方が上のような気がする。でも「まぁ〜いいや」っと、いつもの如くここに決める。(駐車場に車両が全く無かったので)
料金を払い浴場へ。すると貼り紙には露天風呂と内風呂とあったのだが、この時間は露天風呂はやっていないのか入口が判らなかった。内風呂からも行けず。。。ちょっとガッカリ。
しかし予想通り内風呂は私一人で貸切状態。じっくりゆっくり温泉で寛いだ。泉質は無色無臭で弱塩泉との表示でした。

そーしてガソリンを入れ岡田港へ。港に着くと伊豆大島レンタカーのおばちゃんが居て車を返却。
後は食事。13:30です。もうあまり時間が無いので港周辺の土産物屋兼食堂でめぼしいところを探す。すると『地魚定食1250円』の貼紙のあるお店へ。
その『地魚定食1250円』を注文したのですがこれが焼き魚で少々お時間がかかってしまうとの事。ん〜〜〜残念。しかたなく『明日菜(アシタバ)天ぷら丼』にした。

こちらは800円。とくにコメントはなし(笑)魚が食べたかった・・・。

そうして帰りの船が

左上の灯台は伊豆大島灯台です。この手のロケーションって日本全国にあるのでしょうけど利尻島のペシ岬と鴛泊灯台を思い出した。

帰りも2等の椅子席。椅子に座るとリクライニングして昼寝を決め込みました。やはり疲れていたらしくすぐに寝てしまい起きたのは「横浜港に到着します」のアナウンスだった。
シマッタ!帰りに横浜水堤北灯台を撮影したかったのに!!!ううう〜何やってんだ俺。
急いで甲板に出たがすでに遠く離れていた。あーーー残念。

横浜港は大桟橋に接岸する。ちょっとハイソ(笑)な気分を味わえる。まー国際航路の飛鳥ではあるまいし比べてしまうとしょぼいですが。
横浜港では30分ぐらい停泊していた。暇なので夜景を撮影

手前左が赤レンガ倉庫。ランドマークタワー。所謂MM21ですねー

何時までたっても出航しなく、もう一枚。
そしてようやく出航。横浜水堤北灯台の脇を通りましたがもう真っ暗でLEDの点滅しか見えませんでした。ベイブリッジの夜景まで見て再び船底へ。

19:30到着予定でしたが20:00ほぼぴったりに竹芝桟橋に到着しました。
JR浜松町駅より電車で帰宅。あ〜〜〜楽しかった!
=====================完=====================

コメント
コメントする