大崎上島へ

とびしま海道から呉に戻って。東へと向かう。もう時間的に厳しくなってきたので大崎上島へフェリーが出ている竹原へと向かった。途中に防波堤灯台や灯標もあるようなのだが今回は船の関係でパスします。今日中に大崎上島へ渡り戻ってきたかったのです。

大崎上島は西瀬戸内海の島ではそこそこ大きく灯台も広範囲に散らばっていて徒歩での訪問は難しく時間的にも厳しい。フェリーは大竹〜垂水・白水間は便も多く、料金は高くつくが車で乗り込むことにした。竹原から14:00に白水行きがあったのでそれにする。

久々に車でカーフェリーに乗り込んだ。なんか優越感(笑)
船代は往復で4,870円(〜5m未満)
でした。
出航〜〜〜〜〜〜〜〜。

すぐ前方に防波堤灯台が・・・
堤防は長そうだが甲板より竹原港竹原外港防波堤灯台が見えた。

小さいけど陸続きのようなので戻ってきて時間があったら近くまで行ってみよう。

船室に入ると人はあまり乗船していないようだった。

ベンチシートでゆったり。車の数の割りに人が居ないけど???
暫くは船内で寛いでいたがどうせ暇だし、瀬戸内海には灯台以外の航路標識も多いんじゃ〜ないかと思い寒いけど再び甲板に出てみた。
竹原→白水は約30分とそれほどでもない距離。生野島が見えてきた。ん?なんか灯台のようなものがあるが資料には生野島には灯台は無いので験潮所かな?
大崎上島の手前には馬ノ瀬南方灯浮標が見えてきた。

黄黒の灯浮標。「うまのせ」と書いてあります。
いよいよ白水の港が近づいてきて防波堤灯台も見えた。

ここも陸続きなので上陸したら行ってみよう。
船は定刻通りに14:30に大崎上島に着岸。まずは先ほど見えた防波堤灯台に行ってみる。港から県道65号を左折すると工場のような建物がありその脇から防波堤へ続く道があった。
灯台まで行ってみると鮴崎港盛谷3号防波堤灯台だった。ふーん。ここって鮴崎なんだ〜と思いながら一通り撮影。

さて、灯台にある程度興味がある方はご存知だと思いますが大崎上島には保存灯台の「中ノ鼻灯台」がありかつては「鮴崎灯台」もあったのだがこちらは廃止されてしまった。今回のこの島の上陸目的はやはり中ノ鼻灯台で、さっそく向かってみる事にした。
県道65号から県道358号へ入りふたたび県道65号で中ノ鼻を目指す。

途中に赤灯台が見えたので立寄ることにした。
だが、残念ながら灯台は海の中の堤防上にあり近づくことは出来なかった。

木江港のようなのでおそらく木江港宇浜防波堤南灯台であろう。帰宅後わからなくなってしまうので「JAの木江支所」の写真を撮っておく

道路は舗装されていて快適なドライブ。岬近くへ行くと上り坂となったがその坂を登り終えると灯台が見えた。

非常にアクセスの良い灯台です。(離島ですが)車は路駐となってしまいましたが交通量は殆ど無いので問題はないかと思います。
灯台は明治初点の灯台で石造り。塔は低くかわいい形です。灯台周囲には壁がありコチラも白く塗装がされている。

※この壁については出発前に気になる事がありまして・・・。これと同様なモノがこれから行く事になる小佐木島灯台、高根島灯台にもあり現在はかなり小さな一部だが大浜埼灯台にもある。ほぼ円形の形は他では見ない形であり、この地域に集中しているので疑問に思っていた。その疑問に関しましては小佐木島灯台のところで記載することにします。

灯台の後ろは崖で小高いところにホテルがある。そちらから見下ろす感じで灯台が見えないかと思い駐車場に行ってみた。

いい感じの角度なんだけど電線とカーブミラーがちょっと邪魔かな?

再び灯台に戻りイロイロな角度から撮影。ほぼこの灯台のためにこの島に渡ってきたようなものなのでじっくり楽しみました。

塔が低いのでレンズも見えます。不動レンズで赤の分弧があるようですね。
かなり粘ったんですが天気は曇りで時々青空が見える感じ。スカッとはきませんで残念でした。また来ることは・・・あるかな?

つづいては中ノ鼻のすぐ西にある沖浦港へ

沖浦港明石防波堤灯台。灯台へは堤防を歩いて行く事が出来る。
そこから西へ向かおうと思っていると緑の灯標が見えた。

黒州立標。灯標だとばかり思っていたが、帰宅後調べてみると立標だった。灯はないので灯台ではないかもしれないが灯台表には載っている。呉海上保安部のHPにも紹介されていて設置(初点ではないですね)は明治38年6月20日だそうです。

県道65号を北へ向かい大西港へ。この港には資料によると大西港一文字防波堤南灯台がある。一文字堤なので多分・・・と思いました。

やはり。灯台は小型の防波堤灯台でした。ちなみに写真中央の塔は大崎発電所の煙突?です。
さて、大崎上島最後は鮴崎港鮴崎防波堤灯台。この灯台が出来たので鮴崎灯台が不要となり廃止になったそうでちょっと複雑な気持ちです。ちなみにこの灯台、防波堤灯台と名前には付いていますがおよそ堤防上にあるとは思えず、港にあるわけでもなく、個人的な想像ですが廃止された鮴崎灯台と区別するためこのような名になったんじゃーと思ってしまいます。

鮴崎に着くと県道から走行中に灯台は見えてきた。

灯台はやぐら形で11メートルと高く付近に高い建物がなかったせいか目立ちます。県道と灯台の間には写真のようにトタンのフェンスがあり、向こう側は私有地のようでした。どこか灯台へと行ける隙間は無いかと?探しましたが見つからなかったので根元は諦めました。

これで大崎上島は終了。帰りも白水からでした。16:15のフェリーで竹原へ
もう、薄暗くなってきていて港に着くころには灯台にも明かりが点いていた。
LED灯が点灯中。この時間でもまだフェリーが行きかっていました。大崎上島は船の本数は多いので機会があったらまた行ってみたい。何年先になるかはわからないけど

これで今日の灯台訪問は終了!
竹原港近くの宿を探すことにした。よくわからないので駅周辺へ行くとBHようなホテルがあったので入って尋ねるとシングルの空き有だった。

ステーションホテル グルマン
料金は5,500円だった。風呂無しの部屋なら4,500円だったが、なんとなく部屋でシャワーを浴びたかったので。駐車場は商店街の駐車スペースに無料で停めるシステムだった。
建物は古そうだったが部屋はゆったりしていて良かった。
この日の晩から朝にかけてはまた一部雪の降る天気予報だったのでホテル泊としたが
ん〜当たり前だがTVも見れるし充電も出来るのでイイのだけれど予算がね〜まぁあまり気にしすぎるのもどうかとも思うけど。食費は切詰めて今夜もコンビニで弁当+ビール。
シャワーを浴びて、食事をして23:00頃就寝。あまり距離の移動も無かったし、それほど疲れては居なかったがぐっすり寝ることが出来たzzz
走行距離=167.4km/1192.4km(合計)

つづく