沖縄本島最北端へ・・・でも灯台はなかったョ

2日目

朝食。ルートインも無料です。バイキング形式で東横インよりはオカズの選択肢は多い笑
ですが和食系は少なくこんな感じでした。牛乳つき


今日は少し引き返す形にはなるがまずは昨日行けなかった備瀬埼灯台に向う。昨晩スマホで干潮時(朝の)の時間を調べておいたのです。↑この看板には『満潮から干潮になるとき強い流れが発生』と書いてあります


まさに今がその時?
しかーし全く引く気配はない!昨日よりは確かに潮位は低いが・・・


ん〜〜〜まだ渡れないので周りをブラブラ時間を潰す。マングローブかな?


高台から覗いてみると全くダメっぽい。すでに干潮時間は過ぎている。こりゃ〜だめだ
この季節だと完全には干かないようです。
まぁ沖縄、しかも本島なら長生きしてればまた来ることでしょう!とういことで備瀬埼灯台は諦めた。

ここから北へと向かいます

途中、灯標らしきものがあったので車を停めて撮影。しかしこれも灯台表には出ていない。


国道58号を走り辺土名港沖防波堤灯台に到着。っても灯台の建つ防波堤は陸から離れた海の中で近くまで行く事は出来ず。。。


そして沖縄本島の北端である辺戸岬まで来ました。辺戸岬は観光地になっていて私が駐車場(無料)に車を入れるとすぐに大型の観光バスが来て多くの人が降りた。


祖国復帰闘争碑
沖縄には戦争での記憶がいたるところに残されている。
辺戸岬からは天気が良ければ鹿児島県の奄美群島が見えるそうですが今日は全くダメでした。


ところで灯台は厳密には辺戸岬にはなく、少し離れた西側にあります。当然ですが灯台は航路から見えるところにありますので何も先端にあるものとは限りません。細い農道なのか作業道なのかわかりませんが未舗装の道を走ります。レンタカーなのでお構いなし(笑)


カーナビにしたがって進むと灯台に到着。手前にはRV車が2台停まっていた。釣かな?
灯台はいたって地味なLEDの灯台でした。辺戸岬の先に大型灯台でもあれば観光地に花を添えるのでしょうが、まぁ〜これはこれで質実剛健って感じがしなくもないです。剛健って感じではないかwww
灯台の周辺は柵があり施錠がしてあったので写真は一部のアングルに限られた。


続いては太平洋側に移り瀬嵩埼灯台へ
入口に看板がなく少し迷ったが簡易舗装路が岬へ続いていたので車で行く事ができた


車横付けの図。この灯台は今回の訪問で一番気に入りました。灯器はLBタイプのようですが立派な灯台で観光地かもされていないし周りは静かで景観も良かった。


灯台からの南側の安田港方面の眺め。多分、真夏の晴れの日ならもっと沖縄っぽい景色だろうな〜と思って眺めていた。


珍しくゆっくり時間をとって引き返す。灯台までの道はこんな感じで車1台分の車幅です。

瀬嵩埼から南側は米軍の施設があるようで一般車両は海岸線を走る事は出来ず内陸側を道が逸れています。
東港南防波堤A灯台に立寄って高墓埼灯台へ向かいました。

高墓埼灯台灯台への入口も灯台の標識は無く少し分り難いですが岬方面へ入るところは限られていますので地図或いはカーナビで捕捉していけば問題ないと思います。
↑写真が入口。ここは少し広くなっていて道が未舗装路で轍もあったのでここに駐車して徒歩で向った。


途中からやや遠めに灯台の頭が見える。方向的には若干逸れているようだったのでスマホのアプリで確認しながら歩く


途中、2箇所分岐があったがこんな感じの道を歩いた。軽のレンタカーで行く気になれば走れたかも・・・。でも少しは運動しないと一日運転も楽ではないので歩くのには丁度良いぐらいの距離です

高墓埼灯台へはスマホのアプリで方向を確認しながら灯台へ向った。
でもそんなに距離はないしこんな事しなくても到達は容易いと思います。折角持って来たのだから遊んでみました。
でもGPSはあったほうが便利かもしれません。
特に地図に道が帰されていないようなところにある灯台には効果的だと思います。

※以前にも書きましたがGPSなので電波が届かなくても現在地は捕捉できます。
しかし背景(地図)はネットからダウンロードしてくるので
電波が届かない場所での利用がわかっている場合には予めスマホ側に地図データをキャッシュしておく必要があります。キャッシュデータは設定することが出来ますがこのアプリでは詳細には出来ません。
実際に使うときにキャッシュがなかった(汗)って事ないようにその都度確認あるいはキャッシュするほうが安全ですね〜
中にはとんでもないところにある灯台もありますのでw


高墓埼灯台は道中は狭かったが灯台付近は広い整地になっている。
灯台の記念額には改築が平成2年とあるが以前の灯台はもっと大型だったのだろうか?海保の施設があったのか?解りませんが広々していてよかった。しかし景観はなく灯台を写真に収め来た道を戻る。


高墓埼灯台から車へ戻る途中から長島灯台が見えた。肉眼では薄っすらと写真のような感じでしたが望遠で覗くとそれなりに見えたので撮影。長島灯台は米軍のキャンプシュワーブがある辺野古の沖合いにある島に建っていて陸続きではなく歩いてはいけない。渡船で行くにも今は行きにくいだろーね。滑走路建設の際にはどうなるのかな?


続いては伊計島灯台へ向う。伊計島は本島と橋で繋がっているので車で乗り入れが出来る。橋は無料で県道10号のようです。
島に入ると北へ向かう特に高い木もなく見晴らしはいいのだが灯台は見えないので地図を参考に向う


灯台は舗装路からは奥まったところにあり駐車したところからも姿は見えなかった。入口に小さな看板があったような気がする。灯台へ行ってみるとツーリング中のライダーが記念写真を取っていたのでしばらく待ったが一向にバイクを灯台の前からどけないので『どけろ』と言った(こんな強い口調じゃないけど)


灯台の脇には神場がある。こういうのは写真には撮らない方がいいのかも


帰りに同じく橋でつながる浜比嘉島の金武中城港浜地区防波堤灯台に立ち寄る。夕方が近くあまり人は居なかったが堤防の付け根は広い駐車場になっていて休憩するベンチもあった。灯台は小型の灯台だった。


今日最後は金武中城港平敷屋沖防波堤南灯台。しかし残念でしたが灯台は離れた堤防にあり近づけなかった。平行して建設中の堤防があったので先端まで行って撮影した。
今日はここまで宿泊先の『東横イン那覇美栄橋駅』へ向う。沖縄の那覇周辺には3つ東横インがあるのだが予約する時にHPをみたらここが最安だった。車を返しに行く都合上モノレールの駅に近いほうが良かったがここは駅のすぐ近くだった。

いつもの東横イン。荷物を下ろして各種充電させ晩飯へと繰り出す。
だが、飲み屋つーか大衆居酒屋やおね〜ちゃん♡が居そうな店は多いのだが沖縄そばの店がほとんどなくスマホで探してみるがあまり見つからなかった。


仕方なくホテルまで戻ると逆側にようやく発見!ソーキそばのセットと生ビールにありついた
 

お店は『我部祖河食堂』というらしい
味は普通でした。まぁ〜好物なので美味しかったです


ホテルに帰りTVなどを見ながら明日の予定を立て23時頃就寝zzz
つづく

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック