猫埼灯台への道

津居山港より海岸線の県道を西に向かうと『猫埼』が見えてくる
猫埼灯台
灯台も確認できます。

岬の付け根には駐車場がありこの日は徴収係もいなく無料でした
猫埼灯台
駐車場にある地図。ご丁寧にも灯台マークまである。これは楽勝だろう〜

危険?

出だしはコンクリートが打ってある歩道で一段高い公園?のようなところに出る
そこから先は未舗装だが、それで危険なの?何が?って感じでした

構わず進む
猫埼灯台
しばらくは何と言うことの無い山道。お地蔵さんが見守ってくれています

ロープ?

まーこのぐらいは何てこと無い

立入禁止

ついに立入禁止の看板が・・・。でもここで後に引けますかって

この先がかなりの難所でした

今までとは違い、ロープがあるかなり急激な山道を登り、更には急激に下り、橋を渡って更に登り、山頂付近を迂回して岬の先端に回りこむ感じ

そして到達♪

この灯台は典型的な山越えルートです。駐車場からは片道約1km。
ま〜灯台があることはわかっているし道もあるのであとは体力勝負的な要素が強い
特に登りが厳しく、帰ってきたらクタクタでした。この日はハードな道のりを既に2箇所歩き、ここ猫埼でかなり足に負担が来ていることを実感した。ふ〜〜〜お疲れ様でしたって感じです

コメント
徒然亭光家と申します、初めてコメントします。
HPをオープンされた頃から拝見していますが、
2004年秋『通称:猫ちゃん』へ行き撮影したのですが、
やはり此処は道中が恐ろしいですよネ!
行きよか帰りに「ヒヤっ!」とした記憶があります。

その後『通称:猿ちゃん』根元に行かれた人にお会いし、
いつか『捨』とペアで根元と思いつつ、経過しています。
>徒然亭光家さん
コメントありがとうございます
HPはよく拝見させていただいております
素晴らしい写真が感動的で灯台の魅力が溢れています。同じ灯台でも違った顔があることを再確認させていただいています

「捨」「猿」「猫」。灯台にも個性があり
到達ルートも三様でなかなかチャレンジ精神を掻き立てます
私はバタバタと一日で周ってしまいましたが
なんとなくもっと時間を掛けて楽しめばよかったかな?っとちょっと後悔しています。

ホームページの更新も楽しみにしています
今後ともよろしくお願いします!
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック