2009GW北海道の旅1日目

2009年ゴールデンウィーク!
私は仕事の関係上、長期の休みはGWしか取れません。
ここ数年は灯台訪問に当ててきましたが今年は「はて?何処に行こう」か彼是となやんでいました。
候補はいろいろありましたが結局、北海道に決定。
北海道なら灯台のほかにも観光スポットはあるし何より前回の北海道のイメージがまだ残っていて再訪したくなったのです。

2ヶ月前より計画をたて、最大の目標は北海道の定期航路のある離島、利尻・礼文・焼尻・天売・奥尻をメインに、前回の取りこぼしの幌泉灯台、アヨロ鼻灯台 、紋別灯台、砂埼灯台、サロマ湖口灯台、後志泊港灯台をリベンジ。さらにどうしても再訪したいチキウ岬灯台、落石岬灯台、昆布森灯台、納沙布岬灯台、北見神威灯台、神威灯台、日和山灯台をリストアップ。さらにさらに未訪問のデザイン灯台である網走港東防波堤灯台、前回訪問時には無かった新設の波灯の女灯台。さらにさらにさらに(笑)防波堤灯台もいけるだけ行ってやれなんて欲張りな計画でした。

しかし、前日になって奥尻島のレンタカーがいっぱいで借りれなく、当初4日に行くつもりだった奥尻が9日に変わり、急遽時計回りでの訪問計画が反時計回りに軌道修正。
また、出来るだけ北海道に長く居ようと羽田発6時35分の飛行機をとったはいいが、自宅から始発に乗って空港に着くのが30分前と、これも前日に気が付き、前日は会社に泊まって新宿から羽田に向かいました。
〜この通りなんと無計画だった事か・・・(苦笑)

でも5/3はやってきました。
朝4時に起きて、始発で浜松町へモノレールで羽田空港第一ターミナルに着いたのが5時30でした。

東京も曇りですが札幌も曇りの予報。

(下)飛行機です。やはり搭乗前はウキウキしますね

ここで今回、羽田から飛行機に乗るにあたって考えていたことがるのです。
それは、機窓より「東京灯標」を撮影する!です。
・・・で

ははは〜笑っちゃいます。完全に企画倒れでした。
=========================================
その2
機内ではウトウトしつつも北海道一周をシュミレーションしながら約1時間半。新千歳空港につきました。
飛行機から下り、荷物をとってレンタカー窓口を探しましたがなかなか見つからない。右往左往してやっとレンタカーカウンターの看板を見つけ向かう(到着ロビーからは離れていました)
今回の灯台訪問でレンタカーを使うのは3回目ですがいつもトヨタレンタリースです。特に拘りはないのですが・・・。マイレージも使えるので。
で、カウンターで受付をしてマイクロバスで営業所まで向かう
勿論無料なのですが意外に遠く10分ほど掛かりました。
そして、さらに契約し、やっと出発!
ここでレンタカーの人に「一応、新車ですので・・・」とプレッシャーをかけられる。
ODDを見ると135kmでした。北海道なので私で2人目か3人目位か精々距離かせいでやるぞ〜〜〜と思った(笑)

ちょっと走った後です。

今回の相棒はヴィッツ君です。期間が長いので一番安いやつにしました。
インプレはやはりパワーが無いです。北海道で追越しをするのにはベタ踏みしてもやっとって感じです。足回りは新車のせいか思ったほどフワフワしていなく乗り心地はマアマアでしたがやはりシートは安っぽく長距離走ると結構背中が疲れます。
ん〜〜〜まぁ、いたし方ナシです。でも燃費は満足な値でした。満タンで500kmくらい走り4000円ちょいって感じです。もう少しうまく乗ればもっと燃費は良いと思います。

当初は地球岬〜江差へ向かう予定でしたが奥尻の件で東へ向かうことになりました。
さてさて、この辺の沿岸灯台は到達済なので取りあえず今日は幌泉灯台を目指し、襟裳岬の点灯しているところを見て根室辺りまで夜間に移動と決めました。
・・・で天気も悪いことだし初日から防波堤灯台巡りを慣行しました。(正直、北海道の港の堤防はどれも長く大変でした)
今回も佐渡に続いて北海道の全灯台をエクセルでリストにしておいたのです。
苫小牧港は大きいので取りあえず後回しにしてまずは日高方面に向かいました。道路は流れていてついついスピードを出してしまいます。無事故無違反が最大の目標なので慎重に運転する。途中、セイコーマートでパンと飲料を購入。ん〜〜〜天気は回復しませんね〜
そんなこんなで今回一番目日高門別港南防波堤灯台に到達!
いや〜〜〜ごく普通の小型灯台でした。港からは霧に曇った日高紋別灯台の白い塔が見えていましたが天気も悪かったのでスルーしました。
そして片っ端から港に入り防波堤灯台を探し、厚賀港南防波堤灯台節婦港南防波堤灯台静内港南防波堤灯台東静内西防波堤灯台と根元到達!。
春立港南防波堤灯台は堤防からテトラポッドになっていました。どうしたもんか迷いましたが節婦港南防波堤灯台での消波ブロック渡りで結構疲れていたのと、ところどころテトラの密度が薄く海に近く(ほとんど海面)の部分があって危険そうだったのでここは無理はしませんでした。
次の三石港外南防波堤灯台三石港外島防波堤灯台は完全な海の中で遠景撮影でお終い。(ある意味ラクです)
そして次の荻伏港南防波堤灯台には照射灯が併設されていました。防波堤灯台に照射灯が併設されているのは始めてみました。到達も比較的容易かった。
===========================================
その3
風が出てきて霧は晴れてきましたが天気は相変わらずすっきりしません。今日はこのまま曇りかな〜
続いては東栄港南防波堤灯台に向かった。この辺りはほぼ等間隔に港がある感じです。港から港への所要時間はおよそ15分程度です。
しかし、防波堤はどれもこれも長く灯台到達までは結構歩かなければなりません。
次は浦河港北内防波堤灯台浦河港南防波堤灯台です。浦河港の背後の丘には特徴的な形の赤白灯台「浦河灯台」が建っています。
天気がよければ立ち寄るのですが今回は港から見ただけに留まりました。この港は大きいので左舷、右舷とも灯台が建っています。
浦河港南防波堤灯台の建つ防波堤は立入禁止にはなっていませんでしたがかなり長いです。
次は鵜苫港南防波堤灯台。こちらは赤灯台1基の標準(北海道)的な港でした。ここの堤防もそこそこ長いのですが浦河港南防波堤灯台の後だったので短く感じました(笑)。
いよいよだいぶ南へ来ました。様似港です。前回訪問時は地名を見て「さまに」ってままじゃんか〜とか思い可笑しかった記憶があります。んで様似港外東防波堤灯台様似港外西防波堤灯台と根元到達しました。私の持っている灯台表によると様似港東防波堤灯台もあるはずなのですが見当たりませんでした。未確認ですが最近港湾施設の再開発があったようですのでもしかしたら撤去されたのかもしれません。
そして冬島港西防波堤灯台に向かいましたがこちらは防波堤が途中で途切れていました。取りあえず撮影だけして終わりにしました。

しかし、帰宅後調べてみると冬島港西防波堤灯台は白灯台。ん???ではこの赤灯台は何だ〜?灯台表でもそれらしきものが見つからない。この日はずーっと港巡りを端からしていたので飛ばしてもいないと思うし・・・。今のところ不明です。
旭港南防波堤灯台笛舞港西防波堤灯台は同じような港で堤防に標語がペイントしてありました。この後も他の港でも見かけましたがなかなかイイものです。
次はいよいよ幌泉灯台。前回のリベンジです。ここへ来て天候もやや回復し晴れ間も出てきて再訪した甲斐もありました。出発前に情報を仕入れていたので灯台は直ぐに見つかりました。と言うか何故、前回見つからなかったのだろう?2007年の訪問時は港の隣にある「灯台公園」にあった旧(2代目?)幌泉灯台がすでに廃灯されて保存してあったのでてっきり灯台自体が無くなったと早とちりしてしまったのです。帰宅してずっと後、現役の赤白灯台がある事を知りいつか必ず・・・と思っていました。今回、再訪してみて公園からも港からも見えて、しかも近いところに在るのを知り、つくづく灯台訪問も下調べは重要かも?と感じました。
幌泉灯台は幌泉川の河口付近に建っていますが港の名前は「えりも港」です。いよいよ襟裳岬に近づいてきました。えりも港南突堤灯台は港から見えているのですが堤防の先端に階段がありその先は立入禁止となっていました。ん〜どうしたものか考えましたが少し失礼して初点記念額だけ撮影させてもらいました。その堤防先端からはえりも港南外防波堤西灯台が見えますがこちらは完全に海の中です。形は北海道の防波堤灯台の形ですが逆光でした。
その後、歌別港西防波堤灯台東洋港南防波堤灯台と周り襟裳岬に到着しましたがなんとまた霧が濃くなってきた。しかも、まだ点灯していないので先に漁港へ行き、えりも岬港東外防波堤灯台を目指しましたが残念、防波堤が途中で切れていました。この灯台、国土地理院の灯台マークは違うところに付いています(右舷側)。
がっかりしつつも襟裳岬です。駐車場に行くと結構な台数が停まっていましたがみんな慌しくしていました。天気も悪かったので「取りあえず見てさっさと引き上げよう」ってな感じでした。
私は点灯まで時間を潰そうと前回も立ち寄った土産物屋の食堂でうに丼を食べました。

ここのうに丼結構、美味しいのです。前回も食べたのですが付いている昆布の佃煮がこれまた良いのです。800円でお土産もあり、これまた前回同様購入しました。
食事をしてお土産物などブラブラして見ていると灯台が点灯し始めました。あまり暗くなってしまうと撮影できないので急ぎ写真を撮り始めました。霧も凄かったのですが、風も強かったので少し待てば霧の晴れ間がちょっとだけ出るような感じでした。

これで本日の予定はほぼ終了。5日朝の利尻島へのフェリーを予約しているので、明日(4日)の夜までには稚内まで行かなければならないので今夜はある程度、移動しなければなりませんなので十勝、釧路、根室あたりの防波堤灯台には立ち寄れません。個人的に好きな、落石岬灯台、納沙布岬灯台には再訪したいので、根室辺りまで行こうと思い出発しました。黄金道路を進み十勝川を過ぎた辺りで強烈に眠くなってきました。まだPM8:00頃だったのですが朝早かったせいか防波堤歩きに疲れたせいか、このままでは事故りそうだったので路肩に停め1時間仮眠しました。
その後、とても根室まではいけないと思い、これも結構好きな昆布森灯台辺りから明日はスタートすることにして釧路でこの日は寝ることにしました。今回の旅では車が小さいということもありますが車中泊は出来るだけしないで宿をとることにしたのです。
時計を見るとPM10時を過ぎていました。釧路は大きな町なのでホテルは結構あります。んでよく利用する「東横イン」の看板を見つけカウンターで聞いてみると一番安いシングル(4200円)が空いていたのでチェックイン+500円の駐車場代を支払い、無事寝床にありつけました。

食事は質素にコンビに弁当と缶ビールで済ませ、明日の予定などを立てながら0時には就寝しました。
 

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック